館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

脊柱管狭窄症とMRI

院長の日記

腰痛といってもいろいろなものがあり、ぎっくり腰のように突然やってくるものもありますが、ある程度予測がついているものもあるでしょう。
たとえば、腰の痛みよりもどちらかの足が痛いといったことも起きます。
こうした症状は、神経根症状と呼ばれるものです。
痛みに合わせてしびれなども出てくることがありますので、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの可能性が出てきます。
こうした症状を抱えたまま、ぎっくり腰になってわかることもありますので、痛みが出たら、まずは館林たまい接骨院にお越しください。

整形外科に行くと、こうした症状は、すぐにMRIをとりましょうといわれます。
ですが、非常に高額なうえ、はっきりわからないことも出てくるのです。
すべてが必要なわけではなく、ほとんど必要がないということも珍しくありません。
それであれば、まずは館林たまい接骨院にお越しいただいて調べた後、整形外科が必要ならば紹介するという流れのほうが確実でしょう。

さんざん検査した挙句、痛みはさっぱり治まらないということも珍しくはありません。
さらに、シップだけ出されておしまいということさえあるのですから、順番をよく考えていくことが必要といえるでしょう。

たまい接骨院700

« «