館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

たまい接骨院と整形外科のどっちが先のほうがいいのか

院長の日記

館林市にも整形外科があり接骨院があります。

いったいどんな時に、どんな使い分けすればいいのかと考えることはありませんか?

整形外科は、医者ですので、病気の対応をすることができ、薬を出すことができます。

接骨院は、医者ではなく柔道整復師という資格者が、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れのこと)などの治療を行うことができる独占資格です。

同じことができるのは、医師だけであるというところも忘れてはいけないところでしょう。

たまい接骨院の場合にも、柔道整復師です。

 

ちょっとみると、全部整形外科でいいのではないだろうかと思ってしまいますが、実はそこに違いがあります。

整形外科は、西洋医学に基づいて、レントゲンやMRIをとったりすることもできますが、あくまでも原因から対処する方法になるのです。

つまり、どこかに異常があるということがわからないと、対処してくれないこともあります。

いい例が、筋肉のこわばりで、むち打ちのつらい症状です。

筋肉はレントゲンに写らないために、湿布でも貼っといてとされてしまうことがあります。

 

たまい接骨院の場合には、レントゲンは取れませんが、カウンセリングと手技によって、筋肉のこわばりをとりながら、つらい痛みを改善していくことができるのです。

西洋医学と東洋医学の両面を持つからですが、筋肉の専門でもあるため、触診や手技でその原因を探り対処していく違いもあります。

 

たまい接骨院では、骨折や脱臼などの場合、緊急的な対処をした後、整形外科が必要であれば、館林市管内でもすぐにでも紹介できるようにもなっています。

何かおかしいと感じたときには、たまい接骨院から始めてみるという方法で大丈夫ですので、まずはご相談ください。

たまい接骨院700

« «