館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

むち打ちってどんな症状の事をいうの?

交通事故にあったときどうすればいいのか?

【交通事故の増加によるむち打ちの増加】

現代社会において、自動車というものにかかわらずに生活するという事は不可能ともいえます。

自分で運転することのみならず、交通手段としてバスを使ったり、タクシーを使ったりすることがあるでしょう。

流通という事を考えてもなくてはなりません。

 

その中で、自動車関連の交通事故件数も確実に増加していることも見逃せない事実です。

大きな質量を持つ自動車が衝突すると、運転者のみならず事故に巻き込んでしまった相手や同乗者も大きな衝撃を受けることになります。

たまい接骨院のそばにある群馬県館林市本町の近くの新宿交差点でも大辻で大きな事故が起きやすい場所です。

特に後ろからぶつかってしまった場合には、むち打ちになるケースが多くなります。

館林市本町のたまい接骨院でも施術を行っていますが、交通事故にかかわる外傷の多くがむち打ちになっているという事から推察することもできるでしょう。

 

【交通事故によるむち打ちは総称であるところに注意】

むち打ちは、首が間接的な衝撃を受けたとき、まるでむちを打つ時のようにしなることから名づけられています。

この時に、大きな力がかかってしまうため、様々な症状を引き起こしてしまうのです。

そのため、一つの症状を指すのではなく、総称である点に注意が必要であるといえるでしょう。

 

人間の首の骨である頸椎は、強い衝撃を受けるとエネルギーを吸収することができるように、軟骨や靭帯、筋肉が働きます。

一つの部分では吸収しきれないため、様々な部分で吸収分散することで、大事な頭部を守るのです。

交通事故のような強い衝撃が加わってしまうと、どうしても組織が傷つけられてしまい、首や骨の痛みを訴えてしまうのは、体の構造上致し方ない部分でもあるといえるでしょう。

しかし、あまりに大きな衝撃となってしまうと、首や肩が痛いというレベルではなく、血管や神経にまでダメージを負ってしまう事になるのです。

最悪は体のあらゆる部分の機能に支障をきたすことにもなってしまいます。

 

【X線撮影ではわからない】

交通事故の増加と共に、むち打ちも増加の一途をたどっていることは間違いありません。

ですが、実際に研究が進んでいるのかといえば、そうともいえないのが現実です。

用語自体の定義もはっきりしておらず、使用できる範囲が確定していません。

こうした現状で、詳しい発症のメカニズムも解明されておらず、整形外科などでも対応できずにいたりするのは間違いのない事実なのです。

 

館林市本町たまい接骨院でも、むち打ちの対応を行っておりますが、実際整形外科ではほとんど対処できなかったケースがよく見られます。

整形外科では、頸椎を捻挫してしまっているようむち打ちのケースでは、X線撮影検査で異常を発見することができません。

本人の訴えから対応することしかできないのです。

神経に関しても、反応による検査をすることぐらいしかできず、損傷の可能性があるときにはCTやMRI検査も行われるという程度になってしまいます。

 

もしも、交通事故の遭ってしまったときには、症状がなくても館林市本町たまい接骨院までいらしてみてください。

整形外科でも本人の訴えでしか対応できないように、自覚症状がなくても実は症状が進行しているケースもよくあります。

頸椎の捻挫や筋肉の損傷といったケースは、館林市本町たまい接骨院の専門分野です。

交通事故の怪我は対応が遅れれば遅れるほど元に戻るまでの時間がかかり、最悪は日常生活に支障をきたすことになりますので、軽視しないようにしてください。

たまい接骨院700

« «