館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

非常に高い確率である椎間板ヘルニアの手術と再発の問題

椎間板ヘルニアと症状と施術

【椎間板ヘルニアと再発の問題】
椎間板ヘルニアは、ある程度長期的な視野に立って回復を考えていかなければいけません。
短期間に回復を見せることもありますが、再発してしまう可能性も出てくるからです。
再発の背景にあるのは、生活環境の問題が多く、せっかく良くなっても環境が変わらないためにまた悪化させてしまいがちです。
ほかにも、手術をした後に再発する問題もあります。
非常に高い確率で再発するということを、椎間板ヘルニアでは忘れてはいけないでしょう。
だからこそ、椎間板ヘルニアは、館林市本町たまい接骨院で施術することをお勧めしています。

【高い再発確率と医師が避ける再手術】
椎間板ヘルニアを手術した場合、9割もの人が、短期であるといえる半年以内に再発するというデータを見ることがあるでしょう。
これは、驚くほど高い数値で、簡単に見過ごすことはできません。
なぜならば、手術をしてこの確率で再発するのであれば、手術をする意味が薄れてしまうからです。

ほかのデータとして、90%程度は椎間板ヘルニアが再発せず改善したというデータもあります。
それでも1割は再発しているという事実は、手術ということでは大きな問題であるといえるはずです。
さらに、これだけ揺らぎが出るということは、手術が安定していないということでもあるでしょう。
それも、比較的早い時期に椎間板ヘルニアは再発するのですから、保存療法をやめて手術にするというのも考えていかなければいけません。

さらに、再手術の問題も重要です。
再度同じ場所を手術することになりますが、位置は分かりにくくなり、手術痕が厚く硬くなっているため、極めて困難な手術になります。
もちろん、神経を傷つけたりすれば、神経麻痺を起こす可能性も出てくるのです。
当然のことですが、2回目以降の椎間板ヘルニアの手術後の結果は、非常に悪くなります。
多くの医師が、2回目の手術を避けるのには意味があるのです。

【どちらを選択するか】
館林市本町たまい接骨院では、医師ではありませんので、当然椎間板ヘルニアの手術はできません。
理学療法を駆使しながら、保存療法を進めていくことになりますが、生活改善まで考え進めていくため、再発の危険性を下げることができます。
ただし、手術の様に、いきなり原因が解消したりすることはありませんので、椎間板ヘルニアに対してゆっくりと対処していくことにはなりますが、その分のリスクも抱えません。
鍼灸も館林市本町たまい接骨院では行うことができますので、筋肉に直接アクセスすることができ、回復を早めることもできるのです。

どちらをとるのかというのは、自分で選択しなければいけません。
整形外科での治療でうまくいかない場合であっても、ご相談いただければ対応することができますので、悩むだけではなく行動することが重要であるといえるでしょう。

たまい接骨院700

« «