館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

椎間板ヘルニアの整形外科での治療と違い

椎間板ヘルニアと症状と施術

【整形外科と椎間板ヘルニア】
椎間板ヘルニアの場合、整形外科で治療を進めるのか、それとも、館林市本町たまい接骨院のような接骨院で施術を通し、回復を目指していくのか違いがあります。
基本的に保存療法をとることが多い椎間板ヘルニアではありますが、保存療法といってもいろいろなものがある点に注意しなければいけません。
特に整形外科での方法には、注射によって行われる方法も含まれています。
こうした方法を望まない場合には、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

【整形外科での3つの選択肢】
椎間板ヘルニアの場合、整形外科のとる手段としては、保存療法として、神経ブロック注射や薬物療法、理学療法があります。
基本として行っていくのは、薬物療法になります。
基本的には痛み止めになりますが、消炎効果も持っているものを服用することになりますので、これで安静にしなければ効果を上げることはできないといえるでしょう。
ただし、椎間板ヘルニアに使われる薬はどれを使っても、眠気を引き起こすことがありますので、注意が必要になるのです。
新しい薬も出てきていますが、2割から3割と高い確率でめまいやふらつきを覚えるものもあります。
ただ効きますというだけではなく、どんなことが体に起こるのか確認しておかなければいけません。

神経ブロック注射は、椎間板ヘルニアの痛みを緩和することを目的として取られる方法です。
局所麻酔を使って痛みを感じなくする方法がありますが、ステロイド薬を使う方法もあります。
非常に短期間で効果を上げることができますが、短期間で効果を失ってしまうこともありますので、注意が必要だといえるでしょう。

できるだけ、短期間に絞った方法にしなければいけないのが神経ブロック注射の特徴でもあります。
その理由として、注射の針が神経を傷つけることもありますし、周囲の組織と神経の癒着がみられることもあり、3回程度を越えて行うべきではないとされているのです。
これ以降は、手術という選択肢を告げられることが多くなるでしょう。

館林市本町たまい接骨院では、保存療法を行っていきますが、注射や薬を出すことはできません。
そういった方法を取らず、理学療法を使い、椎間板ヘルニアの痛みを抑えながら健康な体を作るサポートをしていきます。
牽引などを行うことはありませんし、強引な形で施術を進めることもありません。
それでも、最新機器を手技療法と併せていくことで、痛みを抑えていくことができます。
椎間板ヘルニアと診断され、投薬や注射でつらい思いをしたくないという人にも、館林市本町たまい接骨院の施術はおすすめです。

【椎間板ヘルニアの手術は確実というわけではない】
整形外科では、神経ブロック注射ができなくなってくると、手術療法を勧めます。
排尿や排便に障害がみられる場合には、緊急的に手術を行うべきですが、基本的には本人の希望とされる点に注意しなければいけません。

手術の方法にもいろいろとありますが、椎間板ヘルニアの場合には、確実によくなるとは限らないのです。
神経の圧迫状態が長くなってしまった場合など、ヘルニアを切除しただけでは回復しない例もあります。
そのため、この選択が確実だとは言えないのです。

理学療法や運動療法で椎間板ヘルニアを乗り切ることができることもあります。
適切な方法を選択することが重要ではありますが、体にかかる負担を軽減できるようにしていくことが重要であるといえるでしょう。

たまい接骨院700

« «