館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

スキー・スノーボード

e17010317c3366781d10d0a641391976_s

ウインタースポーツの怪我
オリンピックなど注目される大会があると、ウインタースポーツは一気に熱を加速的に増加させます。
冬になるとスキーやスノーボードを楽しみにしている人もいるでしょう。
流行とは別に根強い人気があることも確かです。

その反面で怪我が多いのもスキーやスノーボードの特徴ともいえます。
気温の低い中で体が縮こまり、なかなか動きがついてこないことも怪我の要因です。
思っている以上に大きな怪我になるのも、特徴といっていいでしょう。
ちょっとしたことで、大事ではないと思っていても、実は大怪我だったということもあります。
痛みを感じたりと異常を覚えた場合には、できるだけ早く館林たまい接骨院にご相談ください。
怪我は早期に回復させて、日常生活に影響したりしないようにすることが大切だからです。

転倒から起きることが多く大怪我してしまうこともある
スキーやスノーボードの怪我といえば、転倒から起きることが大半を占めます。

ウインタースポーツの大半は、ブーツを履き足首を固定することで安全性と操作性を確保しています。
気温という問題もあるため、断熱性にも優れた素材を使いますが、柔軟性はありません。
これが大きな問題となり、衝突したり転倒したりしたときには、大きな骨折になってしまうことが出てきます。

転倒したときだけではなく、ターンするときに大きな力がかかります。
ブーツの性能や固定の仕方にもかかわってきますが、この時に膝にも大きな負担がかかり怪我をしてしまうことも考えなければなりません。
スキーやスノーボードの滑走姿勢は、前傾姿勢になることが多いため、腰への負担も少なくありません。
スキーのストックは、手首にも大きな負担がかかるため、下手なつき方をすれば怪我も大きなものになるでしょう。

最近では、スキーやスノーボードもトリックを使うことが増えてきました。
ヘルメットの着用など、安全に配慮することも必要ですが、こうしたスポーツの特性としてかっこが悪いと考える人もいます。
しかし、強い力がかかるだけではなく、転倒したりすればそれだけで大怪我になる場合も珍しくありません。
非常に危険なことをしている自覚を持たなければいけないでしょう。

館林たまい接骨院は、スキー場の近くにあるわけではありません。
現地で怪我をした際には、すぐに安静にできるようにし、固定をしたりする応急処置が重要となります。
その後、できるだけ早く館林たまい接骨院にお越しいただき、施術をスタートさせ、悪化させないようにすることが必要です。

0e6e3f95f3a554a5d8f0d948ed045fa6-480x318

準備体操をして怪我をしてしまったときも無理をしない
館林たまい接骨院では、最新の機器を使い施術を行っていきます。
骨折したときでも、回復を早めていく方法があり、その後のリハビリに関してもお手伝いしていくことが可能です。
施術を早くスタートさせれば、それだけ回復も早くなります。
骨折など骨の異常は、ほっておいても簡単に回復することがありません。
スキーやスノーボードの場合には、怪我が大きくなってしまうこともあります。
滑り始める前には準備体操をおこない、無理をしないように楽しむことが大切です。
そのうえで、何かあったときには、対処できる場所として考えておけば、安心して楽しむことができるでしょう。

bb53beb8463fb5018a8fa4b3bc959e1d_s

楽しむためには、さまざまな準備も必要になってきます。
身体を作っていくことも必要ですが、なによりも怪我によって生活に影響が出ないようにすることが必要です。
館林たまい接骨院であれば、19時まで診察をおこなっているため、通いやすくもなっています。
せっかくのウインタースポーツも時期を逃さず楽しむことを考えれば、有効に活用して楽しく過ごすことがポイントです。

たまい接骨院700