館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ヘルニア

つらい痛みが続くヘルニア

たまい接骨院134

ヘルニアの痛みは大変つらいものです。
どうにかしてこの状況を治すことができないかと悩んでいる人は、かなりの数に上ります。
それほど深刻な痛みを伴いのがヘルニアであり、館林のたまい接骨院でもさまざまな方法でアプローチしていく症状です。
整形外科では手術を含め外科的な療法をとるのではないかと思うと、一歩を踏み出せない人も多くなってしまいます。
実際に整形外科で治療をしても、なかなか良くならない場合もあり、悩み深い面もヘルニアの特徴といっていいでしょう。
館林たまい接骨院では、方法としては外科的な手法ではなく保存療法を取ります。
手術などの外科的なことができないこともありますが、多くの場合には保存療法で対応できるからです。
外科的な方法は病院でしか行えないものですが、ヘルニアの大半は保存療法で改善できるのですから、館林のたまい接骨院で進めていきましょう。
外科療法のような恐怖感もありません。
痛みを緩和しながら、改善していくのですから、悩みを抱えずに済みます。

 

保存療法によって症状を改善

たまい接骨院18

外科的療法によってヘルニアを治療する場合、適用できる人は全体の5%しかいないとも言われています。
手術をしたとしても、5年後には再び痛みだす可能性を保存療法と比較した場合、ほとんど差が付かないとの研究結果もあるのです。
つまり、体を傷つけるだけであまり意味がない方法となってしまいます。
館林たまい接骨院でも行っているような保存療法であれば、こうした心配がいりません。
手術したりしないことで、体の負担は大幅に少なくなります。

保存療法は、身体に負担を掛けるようなことがありません。
身体に優しい対処方法になってきますが、筋肉の緊張を解くということが重要になってきます。
館林たまい接骨院では、さまざまなアプローチによって緊張をときほぐし、辛い状態を緩和させますが、実際に多くのところで研究も進んでいる方法です。
手術するだけがヘルニアの対処方法ではありません。
もっと根本的なところから考えれば、多くの方法がとれることを認識するべきでしょう。

 

外科とは異なるアプローチで安心

IMGP5339

館林たまい接骨院でおこなう施術方法としては、手技によって筋肉を緩め、痛みでもゆがんでいる姿勢も正していきます。
筋肉の緊張を緩めることで、引っ張られてしまった部分を元に戻し、徐々に症状を改善させていくことができるのです。
今までは、ヘルニアは自分の力で治癒しないものと思われていました。
しかし、現在の研究では、ヘルニアは自然治癒することがわかってきています。
ただし、なにもしないで治癒するのではなく、その間は強い痛みに悩まされることになるのは間違いありません。
ヘルニアは、髄核が外にはみ出してしまい神経を圧迫することが主な原因です。
この髄核のはみ出し部分が、人間の持っているマイクロファージという細胞によって分解されることが自然治癒の流れとなります。
その間にも痛みは続くため、筋肉の緊張を解きながら負担を減らしていくことができれば、保存療法で解決する可能性が高まるといえるでしょう。

外科的な方法とは違うアプローチですので、一気に改善するわけではありません。
実際に外科的療法でも、メスを入れるため、身体の負担から解放されるまでには相当な時間が必要です。
それでも時間はかかりますが、館林たまい接骨院であれば、保存療法も安心して始めることができるでしょう。

椎間板ヘルニアと症状と施術

たまい接骨院700