館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

バレーボール

たまい接骨院バレーボール112
特徴のあるバレーボールの怪我

バレーボールは、手でボールを打つスポーツです。
ルール上は。足でもボールを返すことができるのは、意外に知られていないところでしょう。
実際には、コントロールがしやすい手で打つのが基本ですので、本当に届かないときにだけ、足でも返すことができるといった程度です。

手でボールを打つのですから、当然衝撃が腕から肩へと伝わっていきます。
この衝撃は、関節にもダメージを与えていくことになるため、手だけが衝撃を受けているわけではありません。
肩や腰、ジャンプした時のひざなど多くの間接にも力がかかるため、怪我をしてしまうことが出てきます。

バレーボールが手を使う以上、ボールの打ち方を間違えれば、突き指を起こしやすく、指をはじめとして関節に負担をかけてしまうのが特徴です。
レシーブの時には、100kmを超える速度になるボールを受けることもあり、ひじや肩の関節にかかる衝撃も予想ができるでしょう。
ボールも柔らかいわけではなく、うけ方を間違ってしまえば、それだけで怪我をするようなこともあるからです。
バレーボールでは、かなり特徴的な怪我を負うことになりますので、調子が悪いと思った時点から、館林たまい接骨院にご相談ください。

 

症状にもいろいろと

3c58d5690281fcd87eb1f50006212524_s

バレーボールで起きやすい怪我のひとつが突き指ですが、実際にはいろいろな症状があります。
どんな状況で受賞したのかによって異なりますが、関節を捻挫することがつき指の基本です。
もっとひどい状況になると、関節の脱臼も考えられ、さらに骨折していることも珍しくありません。
突き指をすると、以前は引っ張ってなおそうとしました。
しかし、このような対処方法は、必ず悪化します。
非常に危険な方法となってしまうため、まずは冷やすように処置をするのが大切です。
館林たまい接骨院では、さまざまな処置ができます。
突き指にしても、原因の分析から始まり、一体どんな状況で受傷したのか分析して適切な方法を見つけていくところが特徴です。

バレーボールの怪我には、足の捻挫や膝の捻挫も考えられます。
ジャンプすることが多い競技で、着地を失敗すれば、大きな負担をかけてしまうことがあります。
しっかりとジャンプをしていても、膝や腰には負担がかかり、だんだんとダメージになっていくのも確かです。
着地の時に足の関節が内側にねじれてしまうことで怪我をする可能性も高いでしょう。
もしも、怪我をしたときには、館林たまい接骨院にお越しいただくのが一番です。
応急措置として、怪我をしたと思ったときには、まずは冷やすことから始めましょう。
これだけでも、怪我の度合いを軽くすることができますし、辛い痛みを長引かせずに済みます。

たまい接骨院113

怪我の範囲は全身に

バレーボールという競技を考えていくと、どうしても全身に怪我が及ぶことが考えられます。
単純に手や肩に負担がかかるだけではないからです。
全身運動としても大きな負担がかかりますし、腕を回転させたり、ボールを受けたりするという特徴も考え、ケアをしていかなければいけません。
バレーボールは、実際に楽しい競技です。
チームプレーで連携も楽しめますし、ボールのスピードが落ちれば、年齢もあまり気にせず楽しめるようになるでしょう。
日本独特の9人制で負担を減らして楽しむこともできます。
ですが、これも怪我をしてしまえば、楽しめるようにはなりません。
身体の一部でも何か違和感を覚えた場合には、館林たまい接骨院で対処できますのでご相談ください。
そのままにしておくことは、怪我を悪化させる問題にしかなりません。
早期の対応が早期の回復につながります。
時間をかけても良くはならず、辛い思いをするだけになりますので、早く治してプレーしていきましょう。

バレーボールの怪我の特徴

たまい接骨院700