館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

バレーボール

たまい接骨院バレーボール112
特徴のあるバレーボールの怪我

バレーボールの怪我という事を考えた場合、手でボールを打つということが一つ上げられます。
ラケットを使う競技とは違い、手を使う以上、突き指を起こしやすく、手の関節に負担をかけやすくなってしまうのです。
レシーブの時には、100kmを超える速度になるボールを受けることもあり、ひじや肩の関節にも高い負担をかけることになります。
かなり特徴的な怪我になりますので、調子が悪いと思った時点から、館林市のたまい接骨院にご相談ください。

 

症状にもいろいろと

突き指と一口で言っても、捻挫の場合、脱臼の場合、ひどい場合には骨折してしまうこともあります。
引っ張ったりしがちなのが突き指ですが、必ず悪化しますので、やってしまったと思ったときから冷やすように処置をして、館林市のたまい接骨院にご相談ください。

バレーボールの怪我には、足の捻挫や膝の捻挫も考えられます。
ジャンプすることが多く、着地を失敗してしまったりすることで、大きな負担をかけてしまうことがあるのです。
特に足の関節が内側にねじれてしまうことで起きる怪我がありますので、この場合にも冷やしておくことが重要になります。

たまい接骨院113

怪我の範囲は全身に

バレーボールという競技を考えていくと、どうしても全身に怪我が及ぶことが考えられます。
楽しい競技ではありますが、何か違和感を覚えていたりしていた場合には、館林市のたまい接骨院で対処できますのでご相談ください。
早期の対応が早期の回復につながりますので、できるだけ早い行動が重要です。


バレーボールの怪我の特徴


たまい接骨院700