館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

野球・ソフトボール

たまい接骨院野球02

ソフトボールの経験者だから

野球といえば、いつの時代も大人だけではなく、子供たちにも人気のあるスポーツです。
高校生で甲子園を目指していることもいれば、ご年配の方でも楽しめる年齢層の広いスポーツといえます。
ソフトボールも人気の高いスポーツで、学校の授業だけではなく部活でも楽しんだりすることもあるはずです。
球技として、どちらも似ている部分がありますが、やってみるとさまざまな違いに気がつきますし、それぞれに良さがあります。
部活でもおこなっている人が多いことから、一生懸命練習を積んでいった結果、スポーツ障害になってしまうケースもあったりるのが、この野球やソフトボールの問題点です。
しっかりとした練習をするのではなく、負荷だけがかかるような練習姿勢にあることも問題になるでしょう。
以前であれば、根性論で練習をおこなうようなこともありました。
結果として怪我をするケースが多いだけではなく、練習そのものがあまり効果的なものでなかったことも確かです。
これが、怪我をしたときには、悪化させてしまうのですから、さらに悪い結果しか導き出しません。
怪我をした場合には、根性では決してなおりません。
それどころか、練習の結果もついてこなくなりますし、日常生活にも影響を及ぼします。
心技体がそろって初めて成果が出るのがスポーツなのですから、根性だけではうまくなるようなこともなく、身体も損ねてしまうことを理解するべきです。
怪我をしたら、即座に適切な対処して、怪我自体を悪化させない処置が必要となります。

館林たまい接骨院では、院長がソフトボールの経験者です。
練習の内容も想像が付くことがありますし、怪我の状況の判断もできます。
適切な対処を進めていくことができるだけではなく、怪我の後にどうしたらいいのかもわかるのですから、大きな違いとなるでしょう。

IMGP5353

治すことも練習の一つと考えましょう

野球やソフトボールの怪我の場合、ひじや肩、腰痛、ひざの痛み、突き指などがあります。
軽いものから、スポーツ障害といわれるレベルまでいろいろとありますが、どの怪我でも辛い状況には変わりません。
プレーもどんどんと質が落ちていくのは、怪我をした部分を無意識にカバーするからです。
当たり前のことですが、怪我をした部分は、どうしても正常な機能よりも下がったパフォーマンスしかできません。
他の部分でカバーしていくわけですが、当然全体的に下がった結果しか出なくなります。
もちろん、こういった怪我をして放置しておいて何もいいことはありません。
根性で続けてしまった結果、悪化してしまい手術が必要になるケースもあるのですから、早期に施術が必要になるでしょう。
実際に怪我を早期に治すということも、怪我をしないように日々のメンテナンスをすることも、練習の一つだと考えるべきです。
怪我を押し続けていれば、いずれ全体に迷惑がかかります。
ひどい場合には、野球もソフトボールもできなくなることがあります。
肘の怪我で引退する選手の数を考えてみるとわかるでしょう。
仕事としてプロ選手が無理をしても、その先にあるのは引退しかありません。
それほど怪我というのは、選手生命を縮めることだと認識するべきです。

何か体のどこかに違和感を覚えたら、早期に回復し、早期に復帰できるように対処することは、大事な練習のひとつです。
周りに迷惑を掛けるのは、怪我をなおさないことだと考えなければいけないでしょう。
ソフトボールの経験者である館林たまい接骨院に相談してみてください。
その早期復帰の手段となるだけではなく、新たな練習に対する考え方も身につくはずです。

たまい接骨院118

ケアを考え行っていくことが重要

怪我は根性で良くなることは絶対にありません
し、悪化しかしません。
日常から怪我をしないような体を作るためには、疲労もためないことが大切です。
悪化しないようなケアを欠かさないようにして、いつまでも健康でプレーできるようにしていくほうがプラスでしょう。

野球やソフトボールでネガティブな考えを持つのは、上達しない問題点です。
自分の怪我を認識して、早期に解決できるようにすることは、何事にもプラスになるでしょう。
館林たまい接骨院であれば、そのお手伝いすることができるのです。

たまい接骨院700