館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

神経痛

たまい接骨院136

末梢神経が痛みを呼ぶ

神経痛というものは、末梢神経が何らかの原因で痛み出すことを指しています。
そのため、痛みがあるという事を神経痛とは呼ぶことができなかったりしますが、断続的に激痛が走るケースが主な症状であるといえるでしょう。
放置しておいても、悪化しかしないのが神経痛で、末梢神経が原因となるため、手足のしびれの原因が背中や腰であるケースもあるのです。
館林市のたまい接骨院では、一つの痛みだけを考えるのではなく、カウンセリングなどから総合的に判断しています。

 

整形外科ではわからないケースもある

神経痛には、整形外科ではよくわからない突発性のものや、病気を起因としている症候性神経痛があります。
突発性神経痛は、神経痛であるだろうという事までは分かっても、レントゲンでは特定ができません。
年齢からくる膝の痛みなどが特徴的ですが、特に異常が見当たらなくても、痛いものになるのです。
こういったケースであっても、館林市のたまい接骨院で対処可能ですのでご相談ください。

症候性神経痛の場合、関節や骨の炎症がかかわっているケースが多く、変形している場合や腫瘍ができていることもあるのです。
痛みに合わせてしびれが出てくる特徴がありますので、関節が動きやすいようにしたりすることで、痛みの原因の緩和を目指していきます。
必要に応じて外科的対処が必要なケースについては、整形外科をご紹介することもできますのでご安心ください。

たまい接骨院137

接骨院が最も得意な分野

神経痛は、様々な原因が組み合わさって起こるものです。
多くの場合には、筋肉や骨によるものが原因となりますので、接骨院が最も得意な分野といっていいでしょう。
館林市のたまい接骨院でも筋肉の緊張をほどき、回復を早める手法をとることができます。
重度の場合には、時間もかかりますので、少しずつ痛みを緩和し回復を目指していくことを考え施術を行っていきます。

たまい接骨院700