館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ゴルフ

たまい接骨院ゴルフ106

見た目とは裏腹に

ゴルフはプレイヤーの年齢の幅も大きく、多くの人が楽しまれているスポーツです。
自分の身体に合わせて楽しむことができます。
競技としての内容にもよりますが、普段から楽しむのであれば、リズムも激しくすることなく、のんびりと自然の中で楽しむこともできるスポーツです。
こののんびりとした環境が、怪我とは縁遠いものと感じさせてしまうこともあります。
しかし、正面にボールを飛ばすために、横を向いてスイングするという、特殊な動きを繰り返していくスポーツであることには変わりがありません。
正確に飛ばしていくためにも、不安定なフォームを続けているだけで、不規則な動きが体の負担になってしまい、怪我につながることが多いことも忘れてはいけないでしょう。
実際に多くの怪我で悩まされている人もいますが、中には体を動かしていることによる筋肉痛と勘違いしてしまうことも出てきます。

ゴルフのプレーによる怪我も館林たまい接骨院で対処を行うことができます。
身体に対して何か違和感を覚えたら、まずはご相談ください。

 

正確な動きのゴルフだからこその怪我をする

ゴルフのスイングだけを見ていると、他のスポーツに比べて動きは激しくありません。
ですが、良く言われることとして、止まっているボールをまっすぐ飛ばすことが、これほど難しいのか実感するスポーツです。
小さなボールを正確な位置でとらえるためには、緻密な動きが求められます。
ミリ単位での動きがスコアに直結するため、身体の各所にある筋肉にも相当に負担をかけてしまうスポーツなのです。
クラブがボールをとらえるインパクトの瞬間には、驚くほどの力がかかりますが、これも関節に対する衝撃としてダメージが残ります。
ゴルフはそれほど力もいらず、だれでも楽しめる部分がありますが、だからといって負担が少ないわけではない理由です。

IMGP5190-1

ゴルフの怪我の多くは、こうした強い負荷から生まれています。
スイングをさらに分解していくと、右利きの場合にはインパクト後の姿勢はほぼ左足一本の姿勢です。
スイングの力が右から左足に移っていくため、左足の外側に負担がかかります。
外側の指にはそれだけの体重がのることにもなるのですから、大きな怪我につながるのが自分でもわかるでしょう。
特に靴の裏が見えてしまうようなスイングをしている人は要注意です。
足がつってしまうような人は、このようなスイングのずれが負担となって身体に表れているといえます。

こうした痛みの対応としては、関節の可動域を広げながら、痛みや辛さを軽減する方向で進めていきます。
思い切ってクラブが振れるように改善を目指していくのが、館林たまい接骨院のゴルフの怪我の処置になるのです。

スイングをしているうちに、肋骨の骨折も起きる怪我のひとつにあげられます。
右利きなら右脇腹の一番下の肋骨は、もっとも怪我しやすい部分です。
肋骨は身体の中心部である内臓を守る構造になっていますが、実はそこまで強い場所ではありません。
ゴルフのスイングのように身体をひねる動作を繰り返していけば、強い力がかかり続けます。
肋骨の骨折は自然治癒を利用するしかありませんが、館林たまい接骨院であれば、最新の機器を使い施術を進めていくことが可能です。
整形外科では痛み止めしか出ないような場所でも、少しでも早く回復を目指していけるため、まずは館林のたまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院107

体をケアするからこそ、誰でも長く楽しんで続けられる

ゴルフは体のケアしていければ、長年楽しみ続けていくことができるスポーツです。
一定の動きは続けていくことになる一方で、激しく走ったりすることもありません。
怪我を押して行うのではなく、あくまでも楽しんで続けるからこそ、スポーツとしての意味があるはずでしょう。
健康のために始めた人にとっても、怪我をせずにプレーすることが大切です。

館林たまい接骨院でケアしながら続けていけば、長い年月を楽しみながら続けていけていくことができるようになります。

他にも親指や肩の怪我も起こる可能性があり、それぞれ対応した施術をおこなっていくのが重要です。
腰痛などはゴルフでもっとも悩ましい状態ともいえるでしょう。
痛みを感じたときには、なにか異変が起きている証拠です。
おかしいと思ったときに施術をしていけば、大きな怪我にもつながらずに済むのですから、ゴルフの怪我も館林たまい接骨院にご相談ください。

ゴルフで怪我はするものなのか

たまい接骨院700