館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ゴルフ

たまい接骨院ゴルフ106

見た目とは裏腹に

ゴルフというと、そのリズムからのんびりしたイメージがあるはずです。
そのため、怪我とは縁遠いものなのではないかと感じてしまうでしょう。
正面にボールを飛ばすために、横を向いてスイングするという、一定の特殊な動きを行うスポーツです。
しかし、不安定なフォームを続けていると、一定の動きが体の負担になってしまい、怪我につながることが多いといえるでしょう。
こういったゴルフの怪我も館林市のたまい接骨院で対処を行うことができますので、何か違和感を覚えたら、まずはご相談ください。

 

正確な動きのゴルフだからこその怪我をする

ゴルフはスイングだけを見れば、一回の動きは激しくありません。
ですが、小さなボールを正確な位置に飛ばすためには、精密ともいえる動きが求められます。
ミリ単位での違いがスコアに直結するため、筋肉にも相当に負担をかけてしまうのです。
さらに、インパクトの瞬間には、かなりの力がかかってくることから、各関節にもダメージが残ってしまうことがあります。
ゴルフの怪我の対応としては、関節の可動域を広げながら、痛みや辛さを軽減する方向で進めていきます。
思い切ってクラブが振れるように改善を目指していくのが、館林市のたまい接骨院のゴルフの怪我の処置になるのです。

たまい接骨院107

体をケアするからこそ、誰でも長く楽しんで続けられる

体をケアして行くことを欠かさなければ、長年続けていくことができるスポーツです。
怪我を押して行うのではなく、あくまでも楽しんで続けるからこそ、スポーツとしての意味があるはずでしょう。
館林市のたまい接骨院でケアしながら続けていけば、長い年月を楽しみながら続けていけていくことができるようになるのです。


ゴルフで怪我はするものなのか


たまい接骨院700