館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

バスケットボール

たまい接骨院バスケットボール01

独特の怪我が起きやすいバスケットボール

バスケットボールの場合には、独特の怪我が発生します。
ひざや腰、ひじや指先といった箇所に集中しやすいといえるでしょう。
館林市のたまい接骨院ではバスケットでの怪我も改善していくことができます。
こういった怪我は、悪化させてしまいスポーツ障害になってしまう前、改善させていくことが何よりも大切になるのです。

 

無理をすれば練習すらできなくなる

バスケットボールの怪我というと、練習中におきやすいものです。
特徴的な動きが多いのがバスケットボールの特徴ですが、フォームが固まっていないとひじを怪我しやすくなりますし、体が温まらず硬いままだとひざや腰を怪我しやすくなります。
いったん怪我をすると、どうしても練習に響いてしまうため、怪我を押してバスケットボールの練習や試合をすることも珍しくありません。
結果として、怪我の状態は悪化してしまい、練習すらできなくなることも出てくるのです。
こういった状態になってしまう前に、館林市のたまい接骨院では、改善を目指した施術をすることを勧めているのです。

たまい接骨院121

見た目だけではなくカウンセリングで隠れた部分の怪我も

スポーツ関係の怪我は色々とありますが、種目によっても動かし方が違うため、症状にも違いがあります。
館林市のたまい接骨院では、知識と経験だけではなく、カウンセリングを細かく行っていくことで、状態を見た目だけではない部分にまで判断していくことができるのです。
自覚がないだけで怪我になりそうな部分も判断することができますので、バスケットボールの怪我を総合的に改善させていくことができるようになっています。


バスケットボールで発生しやすい怪我


たまい接骨院700