館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ラグビー

102044562d285bf66e6e375d755db267_s

ボディコンタクトの多いラグビー
ボディコンタクトが多く、激しいスポーツとして知られているのがラグビーです。
相手選手との接触が多く、それも激しくぶつかるのですから、非常に怪我も多くなります。
館林市本町のたまい接骨院の周辺の学校でも、ラグビー部があり盛んに練習が行われていたりするのです。
近隣の年である大泉町には、以前は三洋電機があり、かつて強豪として知られていたことも影響しているでしょう。

タックルからの怪我が多い
ラグビーの怪我といえば、やはりタックルして時に起こるものが多くなります。
特に頸部の怪我が多く、大きなものともなれば、むち打ち症程度で済まないこともあるのです。
そのほかにも、肩関節の脱臼や鎖骨骨折も、タックルに起因する怪我といえるでしょう。

こうした怪我は、できるだけ早く施術を進めて回復に努めておかなけIMGP5212-1-1024x680れば、スポーツ障害につながってしまうことも出てきます。
館林市本町のたまい接骨院では、頸椎捻挫から骨折まで専門的な知識で施術を進めていくことができます。
無理をしてしまうこともおおいラグビーですが、できるだけ早く施術を始めることが回復への近道なのです。

 

以前のような状態を取り戻すために
頸椎捻挫といった怪我は、整形外科によるレントゲンで発見することが難しいものです。
スポーツで負った怪我としても、どうしても原因が特定できず、後手に回ることも少なくありません。
しっかりと回復させ、以前のような状態を取り戻すことも重要なことですので、まずは館林市本町のたまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700