館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ラグビー

102044562d285bf66e6e375d755db267_s

 

ボディコンタクトの多いラグビー

ボディコンタクトが多く、激しいスポーツとして知られているのがラグビーです。
Wカップなどの開催もありますが、日本では根強い人気があるスポーツのひとつといっていいでしょう。
球技の中でも相手選手との接触が多く、驚くほど激しくぶつかるのが特徴です。
その競技特性からどうしても怪我が多くなってしまうのが問題でしょう。

館林たまい接骨院の周辺の学校でも、ラグビー部があり盛んに練習が行われています。
近隣の年である大泉町には、以前は三洋電機があり、かつて強豪として知られていたことも影響しているでしょう。
小さいころからラグビーを楽しむことができる環境があるのは大きな影響です。
だからこそ、怪我をしないようにするだけではなく、ケアも考えていかなければいけません。
館林たまい接骨院であれば、ラグビーのようなコンタクトスポーツの怪我も対応しています。
どこかに異常があると感じたときには、すぐにご相談ください。

 

タックルからの怪我が多い

ラグビーの怪我といえば、やはりタックルしたりされたりする時に起こることが大半です。
頸部の怪我が多く見られるのは、強い衝撃を受けるからです。
この衝撃は、車の衝突にも似ていますが、むち打ち症程度で済まないレベルの怪我に発展することもあります。
タックルされることに気がつけば、筋肉を緊張させて耐えることができますが、見えない角度から受けたときには頭は大きく揺られ、首が衝撃を受けむち打ちになってしまうのです。
タックルを受けたときには気がつかないこともありますが、必ずケアしていかなければいけません。
緊張が解けた時にあとからダメージに気がつくこともあるからです。
そのほかにも、肩関節の脱臼や鎖骨骨折も、タックルに起因する怪我といえるでしょう。

こうした怪我は、できるだけ早く施術を進めて回復に努めることが重要です。
IMGP5212-1-1024x680
非常に強い衝撃からも、日常生活にも影響を及ぼすようなスポーツ障害につながってしまうことも出てきます。
館林たまい接骨院では、頸椎捻挫から骨折まで専門的な知識で施術を進めていくことができます。
無理をしてしまうこともおおいラグビーですが、できるだけ早く施術を始めることが回復への近道です。
怪我から回復していくからこそ、プレーもできるようになるでしょう。

ラグビーは怪我と切り離すことはできません。
だからこそ、ケアする先を確保していくのが重要です。
館林たまい接骨院であれば、夜19時まで開いていますので、部活の練習後でもケアしていくことできるでしょう。
高校生だけではなく、小学生や中学生、社会人であっても問題はありません。
さまざまな怪我に対応できますので、体のどこでも違和感を覚えた時にお越しください。

 

以前のような状態を取り戻すために

08e4cc6107e7c5b44ec0648dba01620c_s
頸椎捻挫といった怪我は、整形外科によるレントゲンで発見することが難しいものです。
スポーツで負った怪我としても、どうしても原因が特定できず、後手に回ることも少なくありません。
ラグビーの場合には、どうしてもその衝撃を首が受けてしまうことが多くなります。
ところが、整形外科のレントゲンでは異常がないと判断されることもあるでしょう。
しっかりと回復させ、以前のような状態を取り戻すことも重要ですが、発見が遅れればそれだけ回復も遅れます。

館林たまい接骨院では、どんな怪我であっても、痛いという現実から目を離しません。
その痛みの根源は、一体なにから起きているのか、原因を調査するからです。
レントゲンなどの検査も必要があれば、整形外科の手配することができます。
必要なことを適切におこない、ダメージの回復に努めることができますので、館林たまい接骨院にご相談ください。
以前のような動きを取り戻すためにも、ケアしていきましょう。

たまい接骨院700