館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故

たまい接骨院交通事故122

自動車は鉄の塊

自動車というものは、軽自動車であっても鉄の塊です。
どんなに軽くても1t近くもありますし、ちょっと大きなセダンなら1.5tというのも珍しくありません。
さらに2tを超えるような車重を持っている車もかなりあります。
仮に自動車同士の交通事故だとしても、これだけの質量がぶつかることになるのですから、車体だけではなく、ドライバーにも信じられないほど強く大きな力が加わることは間違いありません。
1tとは1000kgです。
これだけの塊が衝突するのが自動車事故であり、交通事故だということを再認識することも必要でしょう。

交通事故の瞬間にシートベルトをしてエアバッグがドライバーを守ったとしても、体とても大きな衝撃が加わりダメージを残してしまうのです。
仮に小さな事故だとしても、あとから痛みを感じてしまうのも、このダメージが体にかかるのですから当然でしょう。
もしも、事故のダメージで苦しんでいるときは、館林たまい接骨院で回復を考えてみませんか?
大きな衝撃が加わっていることが自分で認識できれば、そのままにしておくことが、どれほど危険なことか見えてくるはずです。

 

最新の機材を用いて

交通事故の場合、自分で痛みの原因がはっきりしない状況も多々あります。
どこにぶつけたのかわからないけど、体が痛いということもよくあることなのです。
これがなぜかを考えてみなければいけません。

車がぶつかったときには、身体が衝撃に耐えるため、筋肉を収縮させます。
これで耐えようとするわけですが、その間はなかなか痛みがわからないことが出てくるのが、交通事故直後の状態です。
それが時間とともに緊張が解け、ぶつかった痛みがはっきりしてきます。
数時間後どころか、次の日以降に首が痛くなるのも、緊張が解ける時間の問題からといえるでしょう。
ところが、ぶつかった衝撃は、なにも変わることがありません。
身体にはダメージが残っていますし、怪我もしていることが出てきます。

交通事故に遭ったときには、とにかく時間が勝負です。
早めに施術ができれば、それだけ後遺症のリスクも下がります。
できるだけ早く施術をスタートさせるためにも、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。
あとから施術を始めれば、それだけ回復が遅れます。

館林たまい接骨院では、カウンセリングを重要視しており、どんな状況で起こった事故なのかを分析し、痛みと状況から適切な方法を模索していきます。
安心して回復を目指していくためには、納得がいく方法でおこなっていくことが大切だからです。

たまい接骨院28

事故の大きさは小さなものと考えてはいけません

交通事故から回復を考えていくにあたって、館林たまい接骨院では、整形外科での治療も並行することができますし、必要があれば整形外科の紹介もすることができます。
交通事故にあってしまったケースは、加害者の自賠責保険を使い自己負担なしで治療を受けることが可能なケースもありますので、小さなものと思わずに回復をめざしていくことが大切なのです。
3ef30055a82e948a66cc6f1b0b96a999_s

交通事故は、命を落としてしまうことも少なくありません。
館林たまい接骨院の周辺でも交通事故は多数あるのが現状です。
安全運転を心がけることは当然ですが、必要以上に安全に対しては配慮し、交通事故に遭わないだけではなく、起こさないことも必要になってきます。
館林たまい接骨院では、交通事故で負ってしまった怪我は回復させていけますが、死亡事故になってしまえば、だれもカバーすることはできないでしょう。
子供たちを巻き込んでしまうような痛ましい事故もでてくるのですから、安全運転はドライバーの義務として考えなければいけません。

交通事故にあったときどうすればいいのか?

たまい接骨院700