館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

むち打ち

たまい接骨院22

後遺症として残ることもある怖い症状

交通事故の怪我として一番起こしやすい状態がむち打ち症です。
人間の体は、車に取り付けられたシートベルトで守られていますが、首より上は固定することができていません。
レースなどでも強い衝撃がかかることがわかっており、現在ではヘルメットごと固定することも出てきました。
実際の交通事故が起きたときには、想像以上に強い衝撃がかかります。
その衝撃が、体の中でも最も重い頭にかかることになるのも、固定されていないからです。
頭部は衝撃によって、強く振られてしまうことになるでしょう。

この時に、頭にかかる衝撃によって首がむちのようにしなってしまうことから、むち打ち症と呼ばれます。
事故の状況によっても異なりますが、重症化し後遺症として残ることも少なくありません。
それは、強い衝撃を首が受けて揺られてしまうからであり、状況によっては神経が抜けて切れてしまうようなことも出てきます。
むち打ち症というと、軽視されるようなこともあるのは確かです。
保険会社から早期に回復できるだろうといわれることさえあります。
しかし、非常に重篤な状況にもなりやすく、めまいや吐き気が続くようなこともあるのは確かです。
館林たまい接骨院もふくめ専門家のもとで早めの対処が重要になるといえるでしょう。

 

まずは固まった筋肉の緊張をほぐすところから
89fa57246e6281c595b7489ae21bf39e_s

大きな問題になることがありますが、レントゲンやCTを駆使しても、筋肉や筋はうつりません。
これが重要なポイントです。
いくら症状を説明したところで原因が判明できず、シップや痛み止めといった対処療法に終始してしまうのも整形外科の限界点があります。
原因を特定して、それに対して対処する方法をとる以上、レントゲンやCTに異常がなければ、こうした対処しかできません。
仮に具合が悪いことを説明しても、はっきりとした対応ができない可能性が高いといえるでしょう。
館林たまい接骨院といった事故の対処を専門としている接骨院ならば、筋肉の緊張をほぐしながら進めていくことができます。
衝撃によって緊張し固まってしまった筋肉が原因となる、痛くてつらいむち打ち症の改善に効果を上げることができるのです。
必要があれば、整形外科もご紹介することができます。
初期の対応としても、館林たまい接骨院を最初にお使いください。

 

根本から改善すること

たまい接骨院123

館林たまい接骨院では、早期改善を目指すとともに、根本から治すことを目指していきます。
カウンセリングを密にしていくことで、状況や症状を判断することができるようにしているからです。
手技によって施術していくだけではなく、回復を目指して導入している最新機材も駆使していきます。
回復を早めることができる設備であり、骨折などでも早く復帰できるようにできるところが違いです。
さまざまなアプローチ方法を持っており、適切な方法を提示することができるからこそ、症状の根本改善を目指していけるといえるでしょう。
館林たまい接骨院では、鍼灸を使った施術によっても、むち打ち症の改善を目指していけます。
痛みがあることが現状であれば、緩和しながら回復を目指していくのが重要でしょう。
むち打ち症は日常生活にも大きく影響していくことなのですから、そのまま放置しておくのではなく、少しでも改善できるようにしていくべきです。
そのための方法として、館林たまい接骨院を有効にお使いください。

むち打ちとは一体どんな怪我なのか



たまい接骨院700