館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

むち打ち

たまい接骨院22

後遺症として残ることもある怖い症状

交通事故のけがとして一番起こしやすい状態がむち打ち症になります。
体はシートベルトで守られていますが、首より上は固定していないということが重要です。
事故の衝撃により、体の中でも重い頭は固定されておらず、衝撃で振られてしまいます。
この時に、首がむちのようにしなってしまうため、むち打ち症になってしまうのです。
事故の状況によっても異なりますが、重症化し後遺症として残ることも少なくありません。
館林市のたまい接骨院もふくめ専門家のもとで早めの対処が重要になるのです。

 

まずは固まった筋肉の緊張をほぐすところから

むち打ち症は整形外科で改善していかないケースが多い症状です。
整形外科でどんなにレントゲンやCTを駆使しても、筋肉や筋はうつりません。
いくら症状を説明したところで原因が判明できず、シップや痛み止めといった対処療法に終始してしまうため、整形外科では改善しないことがあるのです。
館林市のたまい接骨院といった事故の対処を専門としている接骨院ならば、筋肉の緊張をほぐしながら進めていくことができます。
衝撃によって緊張し固まってしまった筋肉が原因となる、痛くてつらいむち打ち症の改善に効果を上げることができるのです。

たまい接骨院123

 根本から改善すること

館林市のたまい接骨院では、早期改善を目指すとともに、根本から治すことを目指していきます。
カウンセリングを密にしていくことで、状況や症状を判断することができるようになるからです。
そこから、適切な方法を提示することができるからこそ、症状の根本改善を目指していけるといえるでしょう。

 

むち打ちとは一体どんな怪我なのか



たまい接骨院700