館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

バイク事故

たまい接骨院バイク02

体が露出していることが大きなダメージに

バイク事故の場合、車体からタイヤが露出していることから、歩行者として事故に遭うと、体に受ける衝撃はかなり大きなものになってしまいます。
こういったケースの事故では、大けがを負ってしまうことも少なくありません。
運転している側として考えても、自動車とは違い守ってもらえるものが少ないため、命の危険にもさらされてしまうのです。
ダメージを考えると後遺症も残るケースが多いことから、早期の段階から館林市のたまい接骨院でも処置を開始することが必要と考えています。

 

自動車事故と同じ処置で

人対バイク事故の場合には、相手がバイクをはっきりと認識できるため、まずは驚きが先に来ます。
認識が先に来ているため体は緊張し守ろうとした状態となりますので、事故の痛みを感じないこともよくあることなのです。
ですが、体は大きな衝撃を受けているため、状況を軽く考えずに、自動車事故と同様に警察に届け出る必要があります。
軽いけがだと思っても、のちに大きな怪我だったということも珍しくありません。
処置もできるだけ早く進めていく必要性があるのです。

たまい接骨院124

館林市のたまい接骨院では並行も可能

整形外科で治療を受けていても、館林市のたまい接骨院で並行通院が可能です。
バイクであっても自賠責保険も使うことが可能となりますので、治療費の自己負担もありません。
バイク事故に関しても実績があるため、根本的な部分から回復を目指していくことができますので、できるだけ早い処置を考えましょう。

たまい接骨院700