館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

肩凝り・肩の痛み

誰もが感じる可能性のある肩凝り、肩の痛み

たまい接骨院39

日本人の多くが肩凝り肩の痛みを悩みで抱えているといわれています。
肩凝り肩の痛みは、それぞれ何らかの原因が存在しますが、それに気が付かずに生活していることがほとんどです。
かなり悪化して対処ができない状態になってから、館林たまい接骨院にご相談に来られるケースも多々あります。

簡単に解釈すると、肩凝り肩の痛みの原因は、肩周辺の筋肉痛です。
筋肉自体が機能不全になっている状態になっているため、痛みを発症すると考えればわかりやすいでしょう。
それが硬くなってつらい痛みになると、動きも制限さていきます。
もっと単純なかたちにするのであれば、肩の筋肉が疲れた状態です。
だれもが肩を使っていますが、うまくケアしていないことが続き、機能が発揮できない状況になっています。
健康な状態を保つことが必要になるといえるでしょう。

ただし、肩の痛みで悩んでいる人の全員がこの状態というわけではありません。
腱や骨に異常があり、筋肉を支えられなくなってしまうこともあります。
この状態では、外科手術を施す必要も出てきますので、あまりに強い異常を感じる前に館林たまい接骨院にご相談ください。
必要があれば、整形外科もご紹介いたします。

 

最も重い部分を支える首と肩

f55668cee0795747e76a93e8c98cf01b_s

人間の体の部分的な重さを考えた場合、上半身のほうが下半身よりも重くなります。
最も重い部分として頭を抱えているところもおおきいでしょう。
人間にとってすべての機能に対して指令をおこなう頭部ですが、最重要な機能を持っているのにもかかわらず、細い首が支えているのです。
さらには、その首を肩の筋肉が支えているのですから、筋肉は固まり緊張しやすい環境にあります。
強い負担になって表れる以上、肩凝り、肩の痛みは誰でも起こる可能性を持っているのは確かです。
本来は、無意識でも緊張を解くようにできていますが、機能として対応できなくなっていくと、慢性化しながら痛みだしていきます。
これがひとつの正体ですが、なによりもトップヘビーの状態を忘れてはいけません。
最も重い頭部を一番高い位置に持っている以上、常に大きな揺れ動きが発生します。
この揺れを受け止め続けなければいけないのですから、肩の筋肉は疲労するのは当然です。

ほかにも、原因はあります。
ただでさえ思い頭部を支えているのにもかかわらず、デスクワークで同じ体勢を続けていれば、筋肉は緊張から解き放たれることがありません。
無理な体勢を続けているときも同じです。
こういった体勢をキープしていると、筋肉は凝り固まり、肩凝り、肩の痛みにつながっていきます。
どこかで適度に動かし、血液が流れるようにしてあげなければ、肩凝り、肩の痛みは治まることはないのです。
そのためにも館林たまい接骨院を活用していただければ、辛い状態から解き放たれることになるでしょう。

 

肩凝り、肩の痛みを解消するために

IMGP5296
肩凝り、肩の痛みということを考えれば、館林たまい接骨院にご相談いただくことが一番です。
ですが、常に危険性がある以上、受傷しないようにしていくことが大切になるでしょう。

方法の一つとしては、肩を冷やさないことがあげられます。
ネックウォーマーやマフラーをしたりするだけで、肩凝り肩の痛みは全く違う状態になるのは確かです。
筋肉が冷えてしまうと、必然的に血行が悪化してしまうため、老輩物質を流すことができなくなります。
栄養も運んでこれなくなるため、どんどんと悪化の連鎖をたどり、疲弊していくことになるため、肩の痛みが治まりません。

対策としてストレッチや筋トレが一番ですが、実際そこまでできないという人には、お湯につけて硬く絞った蒸しタオルを肩に乗せてみるだけでも違いが表れます。
リラックスしますし、血行も改善することができるからです。
日常的にできる方法ですが、これでも解決できないようなときには、時間を作っていただき、館林たまい接骨院にご相談ください。

 

肩こり・肩の痛みの原因を考える



たまい接骨院700