館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

肩凝り・肩の痛み

たまい接骨院39

誰もが感じる可能性のある肩凝り、肩の痛み

日本人の多くが肩凝り、肩の痛みを悩みとして抱えているといわれています。
肩凝り、肩の痛みは、原因が存在しますが、それに気が付かずに生活しているため、悪化してから館林市本町のたまい接骨院にご相談に来られたりするのです。

簡単に言えば、肩凝り、肩の痛みは肩周辺の筋肉痛が原因で、機能不全になっている状態だといえます。
それが硬くなってつらい痛みになってくるといえるでしょう。
もっと単純に解釈するのであれば、肩が疲れた状態であるといえます。

ただし、全員がこの状態ではなく、腱や骨に異常があり、筋肉を支えられなくなってしまうこともあります。
この状態では、外科手術を施す必要も出てきますので、あまりに強い以上を感じる前に館林市本町のたまい接骨院にご相談ください。

 

最も重い部分を支える首と肩

人間の体の部分の重さを考えると、上半身が下半身よりも重くなります。
最も重い部分が頭です。
脳が存在し、すべての機能をつかさどる大事な頭部を首が支えています。
さらには、その首を肩の筋肉が支えているのですから、筋肉は緊張しやすい環境にあるのです。
これだけ負担になっているのですから、肩凝り、肩の痛みは誰でも起こしやすいといえるでしょう。
本来であれば、無意識でもこの緊張をほぐしていくことができますが、それがだんだんとできなくなってしまうと、慢性化してきてしまうのです。

ほかにも、原因はあります。
ただでさえ思い頭部を支えているのにもかかわらず、デスクワークで同じ体勢を続けていれば、筋肉は緊張から解き放たれることがありません。
無理な体勢を続けているときも同じです。
こういった体勢をキープしていると、筋肉は凝り固まり、肩凝り、肩の痛みにつながっていきます。
どこかで適度に動かし、血液が流れるようにしてあげなければ、肩凝り、肩の痛みは治まることはないのです。

IMGP5296

肩凝り、肩の痛みを解消するために

肩凝り、肩の痛みということを考えれば、館林市本町のたまい接骨院にご相談いただくことが一番ではあります。
ですが、常に慢性化する危険性のあるものである以上、受傷しないようにしていくことが大切です。

方法の一つとしては、冷やさないことがあげられます。
ネックウォーマーやマフラーをしたりするだけで、肩凝り、肩の痛みは全く違う状態になるでしょう。
これは、冷えてしまい、血行が悪化するのを防いでくれるからです。

ストレッチや筋トレが一番ですが、実際そこまでできないという人には、お湯につけて硬く絞った蒸しタオルを肩に乗せてみましょう。
リラックスしますし、血行も改善することができます。
これでも解決できないようなときには、時間を作っていただき、館林市本町のたまい接骨院にご相談ください。

 

肩こり・肩の痛みの原因を考える



たまい接骨院700