館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

オスグット

たまい接骨院105 ジャンプを繰り返す競技は注意

スポーツをしていると、怪我は常に存在します。
まったく怪我の心配がないスポーツはありません。
eスポーツも注目されるようになりましたが、指や手首に疲労がたまり怪我をすることも出てきます。
姿勢の問題で首の怪我もあるでしょう。
どんなスポーツであっても、身体を使っている以上怪我はあるのです。

陸上などの場合には、ジャンパー膝と呼ばれているオスグッド病という怪我に注目しなければいけません。。
骨軟骨炎のひとつになってきますが、膝の脛骨が痛むケースを指し、特に10~15歳ぐらいまでの男子の発症しやすい炎症です。
年齢的な問題で成長痛と混同されることがありますが、全く異なるプロセスで発症するため、痛みも異なります。

オスグッド病とは、脛骨の隆起により変形や一部が剥がれ落ちてしまうことが症状として重要です。
スポーツをおこなっているときに発症しやすい特徴を持っているため、スポーツ障害として認定されてしまうほどの怪我になる場合も出てきます。
見た目にはあまり変化がみられませんが、痛みの度合いはかなりきつくなってしまうのも特徴です。
陸上の場合には、ジャンプなどの運動を組み合わせている競技が多くみられます。
この時に強い衝撃が伝わり、膝の怪我としてオスグッド病になってしまうケースが目立ちます。

悪化させると手術もある

膝関節に大きな力がかかり、負担が継続してしまうことが問題ですが、男子に多く見られることも特徴です。
慢性的な負荷によって発生してくるため、対策としては、ジャンプの動作を禁止し回復を目指していくことが一番です。
館林たまい接骨院でも、安静にすることが一番に勧め、現状からの回復を目指すことを重要視しています。
悪化している状況では、いったん競技を辞めて休養をすることも考えなければいけません。
膝関節を曲げ伸ばしたりするときに、さまざまな力がかかっていきます。
その中でも、太ももにある大腿四頭筋がはたらきますが、力は非常に強く、膝に強い負荷がかかるところが重要です。
これが負荷となってしまうことが、オスグッド病につながります。
成長期には、骨も腱もかなりの成長速度で負担がかかっている状況です。
実際に骨が成長しても、腱や筋肉は簡単に成長ができません。
ここに力をかけていけば、骨にくっついている部分にどんどんと力が集中してしまうことが、オスグット病と大きな関連性を持ってしまいます。
悪化すれば、当然負担を軽減するために競技をやめるという選択肢になるのが流れです。
それぐらい怖い症状であると考えるべきでしょう。

ほとんどの場合、ある程度の時期が来れば痛みは治まってきます。
しかし、内部に大きな破片ができてしまっているときは、外科的に除去手術をする例もありますので注意が必要です。
それほど重症になってしまう前に、館林のたまい接骨院で施術をスタートさせましょう。
早めに施術を始めていければ、負担を軽減できます。
辛い痛みも軽減できるようになりますので、無理をせずに館林のたまい接骨院にお越しください。

たまい接骨院106 スポーツ障害になってしまう前に

休養をせずに、ジャンプなどの動作を続けていると、悪化しやすいのがオスグッド病の特徴です。
こうなると、パフォーマンスが発揮できない状態になり、何もかも苦しい思いをすることになるでしょう。
自分で動かしたくても、痛みで動かせず、精神的にもストレスが溜まっていく一方だからです。
我慢すれば済むというものではなく、しっかりとした対応が必要になってきます。
館林たまい接骨院であれば、最新機材が取り揃えてあり、オスグッド病でも対応が可能です。

オスグッド病を放置していると痛みが残ってしまうことも出てきますし、治りにくい状態にまで悪化してスポーツ障害となり長年苦しむことも少なくありません。
初期の段階から、館林たまい接骨院で回復を目指すための施術を受けられることをお勧めします。

たまい接骨院700