館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

ダンス

86e2e2c2738f1e4615903a3b12b26366_s

学校でも取り入れられるようになったダンス
学校の授業でも取り入れられてきているものにダンスがあります。
最近始まった授業ですので、どんなことをしているのかわからないこともあるでしょう。
ダンスは全身運動で、リズムに合わせていきますが、ほかのスポーツには見られない独特な動きをします。
そのため、怪我も一般的なスポーツとは違う部分に起きたりすることがあるのです。

怪我を押してでも、どうしてもレッスンを続けたいと思う人が多いのも確かでしょう。
しかし、怪我をして痛みがあるうちは、安静にすることが何よりも必要です。
休みたくないから施術を受けるのではなく、施術を受けて早期に回復することも、上達するために考えなければいけません。
痛みがあったり、怪我をしていたりすると、思い切った動きができなくなりますので、まずは館林市本町のたまい接骨院にご相談ください。

股関節など特有の動きが怪我の元
ダンスということを考えると、背筋を伸ばす動きが必要となってきます。
本来は、自然な湾曲を持っているはずの背骨が、まっすぐに平たくなることを求められるのです。
さらに、肩の関節や股関節は、非常に大きな動きが必要になることから、どうしても負荷が高まります。
特に股関節は重要で、様々な方向に動かすことから、オーバーユースによる障害が出てしまうこともあるのです。

そういった状態にならないようにするためにも、体は常にケアしていかなければいけません。
ちょっとした違和感を覚えたときには、館林市本町のたまい接骨院にご相談ください。
悪化させてしまえば、パフォーマンスを発揮することはできなくなりますし、日常生活にも支障をきたしてしまうことだってあります。
無理を押してダンスをすることよりも、回復させて切れを取り戻すほうが重要なのです。

2f68fccec9c0142c37d8d3d1e43d78a1

怪我をしない、しにくい状態の相談も
館林市本町のたまい接骨院では、ダンスが持つ特有の動きも理解したうえで、施術を施していくことができます。
さらに、体の使い方の指導も行うことができますで、怪我をしない、怪我をしにくい状態を作るためのご相談も受けることができるのです。

たまい接骨院700