館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テーピング

097691

テーピングで怪我の予防や再発防止
スポーツ選手が、怪我の再発防止や予防のためテーピングをしていることがあります。
実は、一般の人でも有効な方法で、館林市本町のたまい接骨院でも行っているのです。
どうしても難しいものではないかと思われがちですが、基礎知識を持っているだけでも有効に活用することができます。

まずはテーピングとは何かということですが、特殊な布を使って粘着テープを使って、体の関節や筋肉、靭帯などを保護する方法です。
体の動きを妨げるのではなく、間違った方向に動いてしまったり、関節の動きに不安があったりするときに障害部分を保護することができます。

一般的に3つの目的をもって使うのがテーピングです。
その目的とは、予防と応急処置、再発防止になります。
予防は、怪我をする以前に行うことで、応急処置は怪我をしてしまった時に固定圧迫することで二次的な障害の発生を抑える目的があるのです。
再発防止は、怪我から回復したのちに、再度怪我をしたりしないようにするリハビリ段階で行う方法で、どうしても競技に復帰しなければならないような場合に用います。

どの用法も、館林市本町のたまい接骨院で行うことができますのでご相談ください。

固定したりするために使うタイプ
テーピングと一口に言っても、実は複数の種類があります。
間違って使うと効果を発揮することができませんので注意が必要になります。

テーピングで固定する場合、かぶれたりするのを保護するのがアンダーラップです。
粘着スプレーを使ったりしますが、手できることができるタイプで、競技でテーピングする場合などに用いられます。

伸縮の仕方や非伸縮などで分けることができますが、これらは固定するために用いられるものです。
非伸縮はホワイトテープとも呼ばれ、手できることができ、関節の固定や動きの制限に用いられます。
ハード伸縮は、弛緩の大きなところに使われるもので、手できることができません。
ソフトの場合には、手できることができ薄く柔らかくできています。
仕上げにも使われることがあるのが、このソフトです。

IMGP5195

サポートすることが目的
ちょっと異なるのが、筋肉のサポートに使われるキネシオロジーと呼ばれるテープになります。
筋肉の正常な動きを助けてくれるもので、こちらは手では切れませんのではさみを用いて切断しなければいけません。

ボクシングなどで見ることがあるのがバンテージです。
多目的で応急処置にも使われます。
非伸縮テープと併用することが多く、野球でピッチャーが氷嚢を固定していたりするのもこのバンテージです。

テーピングは、なかなか一人で使うことができなかったりします。
必要に応じて、館林市本町のたまい接骨院でも行っておりますので、スポーツの試合などがある場合には、気兼ねなくお話しください。

たまい接骨院700