館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

剣道

104729

怪我の多い剣道
剣道は、竹刀を使って行う武道で、防具もつけています。
大きなけがはないように見えますが、防具以外のところにあたってしまったりすることもありますし、体ごとぶつかることもあるのです。
足に負担もかかりやすく、怪我も少なくありません。
素足で行うというところも、怪我につながることがあるのです。

館林市本町のたまい接骨院の周りの学校などでも盛んですが、痛みを感じたりすることがあれば、できるだけ早くご相談ください。

足の怪我の中でもかかとが目立つ
剣道における足の怪我は、足の裏をつくことで起きることが多くなります。
構えから打ち込むまで、一定の姿勢をとり、摺り足を使うことから、かかとを怪我してしまうケースがあるのです。
一般的には踏み込み側である右足に出てきますが、どうしても繰り返してしまうため、炎症を起こし痛みにつながります。
安静にしていても痛みが出るようになると、踵骨棘と呼ばれる状態になっている可能性もあり、炎症が続いてしまうことになるのです。
一度できてしまうと、無くなることはありませんので、ケアをしていくしかありません。
館林市本町のたまい接骨院でも、ケアの仕方を指導することができますし、怪我になってしまう前に施術を進めることができるのです。

IMGP5190-1-480x318

長く続けていくためにも
剣道を長く続けていくためにも、痛みが出たら、その部分にかかるストレスを減らすことが有用です。
無理をしてその場はしのげたとしても、あとからひどくなれば回復させるまでには長い時間が必要になってしまいます。
アイシングをして、安静にすることが必要となりますし、できるだけ早く回復させるためには館林市本町のたまい接骨院の持つような機材での施術も重要です。
無理をしても、剣道は強くなりませんので、体のケアと共に考えていくといいでしょう。

たまい接骨院700