館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

柔道

たまい接骨院柔道114
受け身がうまく取れずに怪我になるケース

学校の授業でも取り入れられている柔道は、相手のことを考え行う武道です。
どうしても柔道は勝敗を考えると投げることだけを考えたりしますが、本質として異なります。
格闘技であることは間違いありませんし、競技性が強まってきていることも確かです。
ですが、武道として勝敗以上に礼節を守り、相手を怪我させないようなことも考える必要があるでしょう。
それでも、どうしても怪我をする可能性があります。
相手を怪我させるだけではなく、自分が怪我をしてしまうことも少なくありません。
投げられたときにうまく受け身をとることができず、ひじや手首を怪我してしまうケースがよくあるパターンです。
非常に大きな怪我をするケースもあり、日常生活にも影響が出てしまうこともあります。
大きな問題になることもあるため、館林たまい接骨院でも、早期の治療をお勧めしています。

なにか違和感を覚えたときには、時間を空けないことが大切です。
怪我は時間をかけても良くなることはほぼありません。
しっかりとしたケアをしていくことが必要であり、放置して練習を続けることが回復する道ではないことを認識しなければいけないでしょう。
特に格闘技として考えた時に、怪我をしている部位に衝撃を受けることは珍しくありません。
これが悪化させることにつながり、スポーツ障害になる可能性もあるのですから、おかしいと感じた時に館林のたまい接骨院で施術し回復を目指す方が良いでしょう。

 

カウンセリングから総合的に判断

柔道の怪我の場合、相手の動きを制することで起きやすいのが特徴です。
人間の正常な反応として、投げられると思えば防ごうと考えますし、身体が反発します。
力がかかれば必然的に反発するのが当然の反応だからです。
この時に怪我をしてしまう可能性が出てきます。
当然、怪我の範囲は全身に及びやすくなるため館林たまい接骨院では、細かなカウンセリングを行い状況の判断を最優先させているところが違いです。
これも、当院長が総合格闘技の選手だからこそできることといえます。
カウンセリングをすることで、身体に何が起きたのかを判断するだけの経験があるからできることです。
どこまでの範囲に怪我が及んでいるのか総合的に判断して施術に入るため、早期回復を目指せます。
実際に大きな怪我になっても、館林のたまい接骨院には最新の機材があり、回復を早めていけるところも違いです。

たまい接骨院115

武道に関する怪我のご相談を

柔道は、相手を敬いお互いの技術を生かす武道です。
そのためには、受け身をとれることも必要ですし、怪我をしない、させないための投げ方も知らなければいけません。
怪我をしてしまうだけではなく、差せてしまうこともあるのは理解するべきポイントです。

館林たまい接骨院は、接骨院の中でもまだまだ少ない女性院長です。
女子柔道といった武道に関しても精通しております。
大きなポイントになってきますが、怪我した場所によっては、どうしてもプライバシーに関わるような状況も発生してくるでしょう。
男性の人に施術されることに問題を感じてしまうような人でも問題はありません。
しっかりとした配慮もして施術していくため、安心して怪我のことを考えていけます。

 

もちろん、柔道の怪我の内容によって、どんな対処をしていくべきか、これからの目標も立てIMGP5276-1られるようになります。
練習の方法や、日常生活で気をつけること、体幹のトレーニングなどもあるでしょう。
柔道にもさまざまな怪我があり、対応できることがいろいろとあるからです。
怪我や痛みで困ったことがある場合には、まずは館林のたまい接骨院にご相談ください。
柔道を楽しく続けていくためにも、身体のケアが大切です。
健康な身体だからこそ、技もしっかりとしたかたちになります。
精神的にも安定した状態でストレスを感じることなく励めるのですから、放置しないことが大切です。

たまい接骨院700