館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

気が付かずに進んでいく甲の疲労骨折

院長の日記

サッカーのような競技を続けていると、館林たまい接骨院でもありますが、どうしても甲の骨折をすることがあります。
ほとんどの場合には、軽くて鈍い痛みを感じるところからスタートしていくことが多いでしょう。
実は、これが危険で、対処が遅れてしまうことが出てきます。
なぜなら、これが疲労骨折だからです。
途中で辞めてしまえば、痛みが治まったりするのも問題で、さらにレントゲンでもわかりにくいという特徴も持っています。
そうなると、整形外科でも判別がつかないことが出てくるでしょう。
痛みもわかりにくいことから、疲労骨折してしまうまで練習したりすることになるのです。
危険極まりないところですが、これが大きなスポーツ障害にもつながってしまうことが出てきます。

しっかり休みを取ることが重要ですが、それもできないところが大きな問題です。
激痛がすれば休みますが、結果として休まないで続けてしまうことになるでしょう。
何かおかしいと思ったときには、とにかく館林たまい接骨院にお越しください。
悪化して後悔する前に施術を始めていくことが重要です。
そのうえで、治してから練習も始めていくことが上達の近道であるということも理解しましょう。

たまい接骨院700

« «