館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

事故の時に保険に関わってくることになる過失割合

院長の日記

事故の時にポイントになってくる過失割合

館林たまい接骨院では、交通事故に対応した施術をおこなっております。
その交通事故で、必ず問題になってくるのが、過失割合と呼ばれるものでしょう。
どちらにどれぐらいの責任があるのか、それがとても重要な意味を持ってくるからです。
この過失割合があるからこそ、館林たまい接骨院で保険も使っていくことができるようになります。

そもそも過失割合とは何かといえば、交通事故の責任がどれぐらいあるのかを示しているものと考えるとわかりやすいでしょう。
事故というのは、一方的な責任で起きるよりも、さまざまな要因が絡み合って起きてしまうということが多くなります。
そのため、どこかに過失がないのかを考えていかなければいけません。
ですが、簡単にわかることではないのは、だれが考えてもわかることです。
そこで、はっきりとした数値にしておくことが費用となるため、過失割合というかたちをとっているといえます。

実際には、保険会社の担当者が話し合いで決めていくことになるわけですが、この元になってくるのが、過去の判例ということになるでしょう。
元にできるかたちがなければ判断のしようがないということになるため、過去の事例である判例タイムズという本などを参考に決定していくことになります。
これを基本割合と呼んでいますが、典型例がさまざまと掲載されているため、その中から自分に当てはめられるものを見つけ出すということになるのです。

修正要素から考える

基本割合を見つけることができれば、次に修正要素を考えていかなければいけません。
事故ということで考えていくと、常に同じ形にはならないでしょう。
過去の事例と共通ということもありえません。
大型車と普通車の事故の可能性だってありますし、わき見運転や飲酒運転など、さまざまな要素が絡み合っていきます。
事故の数ほど条件は違うものになるといえることから、同じ事故になるとは言えません。
館林たまい接骨院で施術することができる場合もあれば、外科的手術が必要になる場合もあります。
さらに、なくなってしまうケースもあるのが、交通事故の怖いところになるでしょう。
そこで、公平性を保つためにも、修正していくことになります。

いろいろな要素が存在しますが、中でも考慮していくべきなのが、夜間ということです。
これも修正要素になってきますが、夜になって自転車や歩行者が見えなくて事故につながるというケースは少なくありません。
自転車でもヘッドライトがついていれば視認性が高まることは確かですが、歩行者ではそうはいかないことも出てくるでしょう。
そこで、歩行者には+5で修正するということが一般的です。
こうした修正要素も乗せられているため、参考にすることができます。
もっと突き詰めていけば、こうした修正要素が存在するということは、夜間で見えない状態にしているということが、とても危険であるということになるでしょう。
思っている以上にリスクのあることなのですから、無灯火の自転車で走ったり、真っ黒な格好で夜歩いたりしないということも必要です。
館林たまい接骨院で施術したとしても、痛いということに変わりがないでしょう。

自分が悪くないといって本当に悪くないのか

多くの場合、自分が悪くないといい続けるケースもあるでしょう。
例えば交差点での事故で、避けることができないような状況があったとします。
一時停止義務を違反しているような十字路の交差点の直進する乗用車同士で事故を起こすということはよくあるケースです。
片側は一時停止になっていることから、止まるであろうと直進した場合に、一時停止違反で突っ込んでくるような場合には、避けることは難しいでしょう。
仮に相手が減速したとしても、来ないと考えられるところでは、避けることはできないからです。

ここで過失割合を考えてみても、100:0になることはありません。
実際には80:20~90:10に収まるということになるでしょう。
これはなぜかといえば、もしかしたら突っ込んでくるという認識を持たなければいけなかったということです。
交差点は、無条件に侵入していい場所ではありません。
仮に信号がついていたとしても、安全でなければ侵入することはできないということです。
見通しがいいと思っていても、それは自分の判断だけかもしれません。
実は死角になっている部分があり、それを見逃していないといえるでしょうか。
だからこそ、安全確認をしなかった、見落としてしまった可能性があるため、過失が全くないという主張は通らない可能性が高いといえるでしょう。

こうした事故でも、必ずダメージを受けてしまうことになります。
安全を確認することにデメリットはなく、館林たまい接骨院での施術なども考えていかなければいけないのですから、安全は確認するということが重要です。
一時停止がなかったとしても、安全ではないと思ったら、止まるぐらいがいいでしょう。
実際にたまい接骨院のある館林でも、こうした交差点はいくらでもあります。
事故が多い交差点だからというだけではなく、安全ではないと思ったら、安全を確保するということを意識しなければいけないといえます。

<h2>過失割合は保険会社が決める</h2>

過失割合ということでは、保険会社が提示してくることになりますが、すべての主張が正しく反映されるわけではないということになります。
修正要素をどこまで考慮するのか、修正するべきではないことが入ってしまっていることもあるからです。
加害者のみで決めてしまうということも出てくるため、これが正しいとは限らないことは理解しておかなければいけないでしょう。

もうひとつ警察も過失割合を決めてはくれません。
この背景にあるのが、警察の民事不介入ということになります。
警察は民事の損害賠償請求に対して介入をしません。
つまり、過失割合ということは、一切触れないということです。
実況見分をしたとしても、それは過失割合のためではなく、継時的な記録としておこなっているにすぎません。
具体的にどちらにどの程度悪いのかといった話をしても意味はないということを覚えておかなければいけないでしょう。
これは、どちらが加害者で被害者でもです。

保険会社に話すということも重要ですが、すべて従うわけではありません。
自分たちで認定して決めていくため、独自で過失割合を決めることになっていきます。
後日撤回することも出てきますので、注意も必要になってくるでしょう。

実際の過失割合の修正要素と危険性

過失割合ということで、いろいろな言葉が出てきますが、ここから何を注意しなければいけないのかということも見えてきます。
例えば、徐行という言葉がありますが、ドライバーとして考えた時に、いったい何キロを想定するかということを考えてみなければいけません。
抽象的な言葉ではありますが、すぐに止まれる速度を徐行と呼びます。
たまい接骨院のある館林でも、こうした場面はいくらでもあるでしょう。
実際に速度ということでは、時速10キロ以下のことを指します。
これ以上だしていれば、すぐに止まることはできないでしょう。

見通しの悪い交差点などは、進入する際に徐行をしなければいけません。
館林たまい接骨院に来られる方でも、こうした場面でぶつけられてしまったということはよく聞く例です。
出てこないと思うのではなく、出てくるものだと思えば、徐行するのは難しいことではありません。
学校の周りなどは、飛び出してきて当然と思う必要があるでしょう。
こうしたところでは、過失割合は事故を起こした加害者のほうに大きくなると考えなければいけません。

たまい接骨院のある館林でもかなり目立つのが、大回り右折です。
普通に右折できるのにもかかわらず、ハンドルを左に切り右折する行為と考えるとわかりやすいでしょう。
こうした行動をすると、その分だけ左右にハンドルを切ることになります。
当然ぶつかる可能性が増えるだけではなく、何かあったときにも対処ができません。
安全だと思ってやっている方が多くなっていますが、自分から危険を高めている行為だと考えるべきです。
ぶつかってしまえば、大きなダメージを増やすため、過失割合が変化します。
それだけ危険であるということを理解していないのは、さらに危険な行為であるといえるでしょう。

事故につながる行為はたくさん存在します。
館林たまい接骨院では、怪我を施術することはできますが、できることであれば、事故が減るに越したことはありません。
運転する以上、保険の仕組みや過失割合といったことは知っておくべきです。
そこから危険性ということも読み取ることができるのですから、これからのことを考えても、必ず学んでおきましょう。

たまい接骨院700

« «