館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故の時に発生する義務

院長の日記

交通事故にあってしまったときには

たまい接骨院のある館林もだんだんと暑い日が少なくなり、秋の様相を示してきました。
トンボが飛んでいる姿を見ると、暑くても秋の日は進んでいるのだと感じるときもあるでしょう。
もうすぐ紅葉の時期もきますし、車で出かけることも出てくるはずです。
そうなると、いろいろ注意していかなければいけないのが交通事故になるのは間違いありません。
普段から十分に注意していかなければいけませんが、大きな怪我をさせてしまったりすることもありますし、自分が怪我をしてしまったりすることも出てきます。

交通事故の中でも多くみられるのは、むち打ちに捻挫、骨折であることは間違いありません。
館林たまい接骨院の得意範囲になってきますが、特にむち打ちになってしまうと、整形外科では判断も施術もうまくいかないことが出てきます。
レントゲンで判別ができないことも出てくるからですが、痛みがあったとしても、対応がうまく進まないこともあるでしょう。
痛みで苦しんでいても、そのままにされてしまうことも出てきます。

むち打ちの怖いところは、痛みがはっきりとしていない状態でも起きていることがあるところでしょう。
交通事故にあってしまってすぐの段階では、むち打ちになっていることに気が付かない場合が出てきます。
これが怖いポイントになってきてしまうのは、事故に遭った直後は筋肉が緊張している状態でむち打ちになってしまっていることにも気が付かないことがあるからです。
これが発見を遅らせる大きな問題になっていきます。
あとから痛みに気が付くことになると、どうしても保険などで問題が出てくることもあるでしょう。
辛い思いをしているのにもかかわらず、交通事故との関連性が疑われてしまうようなことも発生してしまいます。
そのため、交通事故に遭ったときには、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。
ここからスタートしていけば、むち打ちになっていても症状を抑えることもできますし、悪化させる前に改善させることもできるようになるからです。

交通事故の時におこなわなければいけない義務

交通事故に遭ったときでも、起こしてしまったときでも、まずは館林たまい接骨院で施術をスタートしていくことが大切ですが、対処方法も改めて考えておかなければいけません。
特に加害者には緊急措置義務が課されるからです。
最近でも芸能人のひき逃げの話があったりしましたが、なによりも事故に遭ったときには道路交通法第72条1項前段に緊急措置義務を履行する必要があります。
すぐに運転を停止し、被害者の状況を確認していかなければいけません。
例えば、交差点内の事故で、お互いの車両が動かせる状況にあるのであれば、まずは安全なところに移動するといったことが必要になります。
負傷者が出ている場合には、人身救護措置が必要です。
救急車の手配も必要です、警察も呼ばなければいけないようになるでしょう。
この時の処置が早くなれば、怪我の度合いも抑えられる可能性が出てきます。
重要なことになってくるため、絶対に忘れてはいけません。

これも大事なポイントになりますが、危険防止の措置も必要です。
二次災害が発生したりしないようにすることが重要で、発煙筒を必要とすることもありますし、三角表示板を使用して故障車があることを示すなどの措置をすることで、混乱を避けます。
もちろん、優先度は人命救護措置などに比べれば最後に回すものとなるでしょう。

このほかにも、警察への報告義務もあります。
加害者だけではなく、乗務員ともされているため、同乗者が速やかに連絡を入れるということでも問題はありません。
その際には、交通事故が起きた時間、場所、負傷者、その程度、損傷の程度、車両と積載物をどうしたのかを伝えなければいけません。
これが事故証明につながってくるからです。

加害者となっていますが、被害者となるような方がおこなっても問題はありません。
交通事故の場合、はっきりと加害者とわかるようなことであっても、両者に過失がある場合がほとんどで、明確に分けることができないこともあります。
なによりも怪我をした人を救護するということが重要となってくるため、素早く行動することが重要です。
その結果として、次の段階で館林たまい接骨院にお越しください。

選ぶのは被害者

館林たまい接骨院で施術することによって、辛い痛みも軽減していくことができます。
保険という面でも問題はありません。
自賠責保険を使うことができる接骨院です。
間違ってはいけないのは、保険会社が医療機関を選ぶわけではありません。
選択する権利は、被害者にあることをはっきりとさせることが必要です。

しっかりと対応した施術をおこなっていくことができるうえ、最新の機材を用いていくことができます。
整形外科ではどうしても改善しなかったような怪我であっても、問診から始まり、根本的な原因を探りアプローチするため、解決への道を見つけることができるでしょう。
痛いという事実に対しての対処になってくるため、レントゲンなどで見つからない状態であっても違いを出すことができます。
手技だけでおこなうのとは大きな違いになってくるでしょう。

館林たまい接骨院では、これまでいくつもの交通事故による怪我の施術もおこなってきています。
多くの経験があるだけではなく、対応力に関しても違いがあるといっていいでしょう。
最後までしっかりと施術していくことが大切になりますので、受賞してしまったときにはできるだけ早い段階でお越しください。
これがとても大切です。

たまい接骨院700

« «