館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

もっとお灸を活用してみましょう

院長の日記

よもぎの力も借りるお灸の良さ

よもぎを生成して作られるのが、館林たまい接骨院でも施術をおこなっているお灸です。
根強い人気がある施術方法ですが、実はさまざまなことに対応できる施術方法であるのは、あまり知られていないところになるでしょう。
鍼のほうが有名なのは確かです。
ですが、お灸もうまく使っていくと、もっと健康な生活を送れるようになっていきます。
怪我の対応にも役立ち、原因がうまく特定できないような辛い状況も改善が期待できることが、鍼灸を含めた東洋医学の特徴です。
特にお灸の場合には、ツボを刺激するというだけではなく、よもぎが持っているチネオールという成分が皮下に浸透していきます。
温めていくことで血行改善が期待できますが、さらに鎮痛やリラックスというところにも影響を及ぼすところが、鍼との大きな違いでしょう。
自律神経にも影響して白血球の生成に違いを出していきます。
免疫機能という面にも訴えかけていくことになるため、調子を整えることができるようになるのがお灸の良さです。
ツボというと、刺激することが本当にいいのかなと思う人も、お灸の力を知ると違いがあることもわかるでしょう。
他にもいろいろとメリットがありますので、まずは館林のたまい接骨院でお試しください。

鍼とお灸の違いはなに

鍼とお灸が館林たまい接骨院で施術できますが、どちらが良いのかと考えることも出てくるでしょう。
違いははっきりとありますが、鍼はツボにさすために直接的な刺激が発生します。
これによって影響を与えることになりますが、実際に先端も鋭くなく細いものを使うため細胞を傷つけずに皮膚に入るため痛みもほとんどありません。
速攻性という面でも鍼のほうが高くなりますが、お灸はゆっくりと温めながら影響を与えていきます。
間接的という表現もできますが、鍼の補助的に使われることもある方法です。
だからといって、主役になれない方法というわけではありません。
ゆっくりと影響していきますが、よもぎの持っている力も使いながら、鍼とは違った結果を引き出していくこともできます。
鍼はちょっと怖いという人でも、安心して使えるところも違いでしょう。
冷え性によって、さまざまなところに痛みを生じたりしているときでも、ツボを刺激しながら温熱によって影響していくことが施術としても意味が出てきます。
対精神的なショックにも影響していくのは、自律神経の感受性を薄れさせていくためです。
これは、熱によって皮膚の表面にわずかな火傷を起こすからで、ここから体は傷を治そうとしていきます。
この時発生する物質が生理的作用につながってくるため、こうした力も発揮できるのです。
鍼にはない特徴となっており、熱を使うお灸の大きな違いになってくるでしょう。

強い熱さを感じるわけではない

館林たまい接骨院で使っているお灸は、強い熱さを感じるようなものではありません。
ほんのわずかだけ温まるような感じがする程度です。
わずかに火傷するようにするのがお灸の特徴ですが、なにも強い火の力はいりません。
火傷といっても、普段考えているようなものではなく、わずかに傷をつける程度でいいからです。
刺激としてもわずかなものになるため、何も心配はいりません。
それどころか、温まる感覚が心地よく、眠くなってくるほどです。

人間の身体は、思っているよりも冷えてしまっていることが多いでしょう。
気温の影響ではなく、血液の流れがしっかりとしていないからです。
怪我の回復速度にもつながってきますが、血行を改善させることは、さまざまなメリットを生み出していきます。
ツボを刺激しながら、温める効果を活用できるのですから、お灸をもっと使ってみてはいかがでしょうか。
自由診療に関連する部分がありますので、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

« «