館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

たまい接骨院で施術することができない内科的疾患の腰痛

腰痛とは一体どんなことか

【筋肉や骨だけではない痛みの原因】
腰痛は館林市本町たまい接骨院や整形外科でなら、症状を改善することができるものが多数です。
しかし、どうしても施術することはできないのは、内科的疾患からくる腰痛の場合になります。
内臓というと、腰痛と関係ないと思われがちです。
しかし、胃や肝臓、腎臓といった内臓でも、腰に痛みが出てくることがあります。
女性の子宮に関する病気はよく知られているところでしょう。

【内臓から痛みが来るパターン】
腰に痛みが来るのには、いくつかの理由があります。
たとえば、臓器の傷みが腰にまで響くというケースです。
これを放散痛と呼びます。

もう一つが関連痛と呼ばれるものです。
こちらは、脳が痛みを勘違いして起きてきます。
別の部位に問題があるのですが、病気自体が腰の付近にまでおよび痛みをもたらしているため、こうした勘違いが起きてしまうのです。
どんな形にせよ、内臓から腰の痛みに発展することは、病気を発見するために重要な意味を持ちます。

内科的疾患の場合、館林市本町たまい接骨院では対応できません。
直接的な要因が判明しない場合には、専門医の診断を受けるような指導も行っております。
この場合には、病巣を治療していかなければ、腰痛を回復させることはできないからです。

ただし、すべての内臓の病気が腰痛を引き起こすわけではありません。
それでも、安静にしているだけでも痛みが出たり、就寝中でも痛みだし、熱や寒気、吐き気やだるさなどを伴ったりする場合には、内臓疾患を疑うべきです。
排尿や排便の異常がある場合には、内科に行ってみましょう。
その結果、問題がなかった場合には、館林市本町たまい接骨院においでください。

【内科的疾患は命取りになることがある】
実際の問題から考えた場合、内科的疾患が原因になる腰痛は、全体の1%程度だと考えられています。
ほとんどの場合には、筋肉や骨の問題による痛みだと考えることができますので、ご相談いただければ対処することができるのです。
しかし、内科的疾患を見逃してしまうと、致命的なことになる場合もあるということも、覚えておかなければいけないでしょう。

たまい接骨院700

« «