館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

どれだけの期間で椎間板ヘルニアから回復できるのか

椎間板ヘルニアと症状と施術

【椎間板ヘルニアはいつまで続くのか】
激しい痛みを感じるようになり、椎間板ヘルニアと診断されると、いったいこの苦しみからはいつ解放されるのだろうかと思うはずです。
もしかしたら、このまま苦しみ続けるのではないかと思うほど、椎間板ヘルニアは激しい痛みと戦わなければいけません。
だからこそ、できるだけ早い段階で館林市本町たまい接骨院にご相談いただきたいとは思いますが、永遠に苦しみ続けなければいけないわけではないのです。

【安定してくることで椎間板ヘルニアに適応】
椎間板ヘルニアの場合、早い場合には発症から3か月目には消失したりすることがあります。
しかし、椎間板ヘルニアのメカニズムが完全に解明されているわけではなく、待っていてもよくなるほうが少なかったりするのです。
館林市本町たまい接骨院のようなところで、早い段階で施術を始めていくことができれば、そのまま放置しているよりも、早く回復することができるといえるでしょう。

椎間板ヘルニアから回復するプロセスとしては、背骨の構造がだんだん安定した形になるということがあげられます。
痛いだけではなく、その形に安定することができれば、適応することができるようになるでしょう。
ほかにも、人間の体のもつ防御反応で痛みが弱くなって来たり、炎症が起きにくくなってきたりするからといったこともあります。
これも、人間が持つ自然治癒力の力ではありますが、館林市本町たまい接骨院では、手技によって血行を改善させたりすることで高めていくこともできるのです。
これも理学療法の力の一つであるといえるでしょう。

【保存療法で椎間板ヘルニアは回復する】
アメリカの統計ではありますが、椎間板ヘルニアは1年間の間に6割以上は回復すると考えられています。
5年というスパンで考えれば、9割以上は完全治癒するといわれているのです。
これも保存療法を選択してということになりますので、ほとんどの場合には、根気強く行っていけば、回復させられるといえるでしょう。

手術するだけが、椎間板ヘルニアから回復させる方法ではありません。
手技や物理療法を駆使していく理学療法でも効果を上げることができますので、痛みと正面から向き合って過ごしていくことが大切だといえるのです。

たまい接骨院700

« «