館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

椎間板ヘルニアの症状を知ることで正しい対処を

椎間板ヘルニアと症状と施術

【早期発見が早期回復へ】
館林市本町たまい接骨院でもお勧めしていますが、椎間板ヘルニアの場合、初期症状での施術が重要です。
できるだけ早く発見することができれば、早期に回復を目指していくことができます。
時間がかかればかかるほど、回復に時間が必要となり、長引いてしまうことになってしまうのです。

そのためには、初期症状から発見することが重要になるといえるでしょう。
自覚症状もありますので、早期に館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

【椎間板ヘルニアの初期症状を知ること】
椎間板ヘルニアの初期症状としては、同じ姿勢をとり続けていたときに、違和感を覚えるようになります。
運動にも支障が出るようになり、全体的に感覚が鈍くなってくるような感じを受けるようになるのです。
これが、椎間板ヘルニアの前段階になります。

椎間板ヘルニアになってしまうと、同じ姿勢がつらくなり、椅子から立ち上がるだけでもきつくつらい状態になってしまうのです。
さらに、足の感覚も鈍くなりますので、前段階とははっきりと異なります。
この段階で館林市本町たまい接骨院で施術をスタートすることができれば、早期回復を目指していくことができるでしょう。

【腰を曲げる動作が問題】
椎間板ヘルニアが進行してくると、腰の痛みが増すだけではなく、下肢のしびれや痛みが出てきたりすることがあります。
逆に腰痛を起こさず、しびれだけの場合もあるのです。
こうした状況が、椎間板ヘルニアに気づくのが遅れる原因となり、症状の悪化にもつながってしまいます。

はっきりと自覚できることとして、お辞儀が難しくなるということも忘れるべきではありません。
腰を曲げる動作ですが、髄核が飛び出しているため、どうしてもこういった動作が難しくなるのです。
もちろん、逆向きにそることもできなくなりますので、はっきりと判断することができるのです。

椎間板ヘルニアの場合、排尿や排便に障害が出ることもあります。
なんだか感じがおかしいと思ったときには、外科手術が必要なケースもありますので、十分な注意が必要です。

【ぎっくり腰との違いは】
椎間板ヘルニアとぎっくり腰は混同されやすいものですが、異なる特徴を持っていることを覚えておかなければいけません。
ぎっくり腰は、筋肉や靭帯に炎症が起きてしまうことで痛みますので、全く違う原因になるのです。
さらに、ぎっくり腰はある程度短い期間で改善していきますが、椎間板ヘルニアは時間がかかります。
足のしびれなども伴いますので、区別して考えなければいけません。

たまい接骨院700

« «