館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

痛ましい話もあったウィンタースポーツの事故

院長の日記

先日、スノーボードで痛ましい事故の話がありました。
スノーボードとスキーの接触だったわけですが、すべてのスノーボーダーが悪いわけではありません。
ごく一部の人のマナーや安全の意識が低いことが問題なのであって、スキーでも同じようなことがおきます。
ですが、非常に危険だと指摘されやすいのは、怪我もしやすいと考えられているからでしょう。

スノーボードは、両足を板に固定します。
実は両足を固定することで、板だけが滑ってしまうようなことを防ぐことが可能で、怪我を減らすことができるのです。
それでも、膝や下腿のけがが多いのは、初心者の間にしっかりとした滑り方や転び方を覚えていないということが、怪我を招いているといえます。

もしも、こうしたウィンタースポーツで怪我をしてしまったら、検査を受けるなり、できるだけ早期に処置をするべきです。
館林たまい接骨院にも、すぐにご相談ください。
状況を説明いただければ、スポーツ外傷を得意としておりますので、すぐに状況を判断いたします。
館林たまい接骨院では、いつもお話しておりますように、早期の施術が一番大切なことです。
長引かせないためにも、早め早めの行動が重要だといえるでしょう。

たまい接骨院700

« «