館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

早めに施術を始めていくべきひざのけが

院長の日記

テニスとひざのけがということは、非常に深い関係性があります。
先日、伊達公子選手が、ひざの手術をした結果、半月板の損傷がひどく、一時的なことしかできなかったといったニュースがありました。
このままでは、選手生命は絶たれてしまうというショッキングなものだったわけですが、こうしたことは、何もテニス選手だけのことではありません。

館林たまい接骨院でも、数多くの人がひざの痛みに悩んでいたりします。
しかし、ある程度進行してしまうと、完全に元のように戻すことができなくなっていきます。
ひざの関節の中はとても複雑で、すり減ってしまったりすると元に戻せなくなる部分がたくさん存在するのです。
つまり、悪化させてしまうと、元に戻せなくなってしまいます。
そうなる前に、施術を進め、問題を解決させていかなければいけないといえるでしょう。

テニス選手などの場合には、どうしても休みが取れません。
常に世界をまたにかけている以上、これ以上悪化させないようにすることがポイントとなってしまいます。
一般の人の場合には、同じようなことをするのではなく、おかしいと思った時点からケアしていくことが重要なのですから、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

« «