館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

仕事でもイライラしたりしやすい腱鞘炎

院長の日記

手首の痛みというと、第一に出てくるのは腱鞘炎でしょう。
ゲームのし過ぎとか、遊びすぎといわれたりすることもありますが。パソコンをよく使う人にはかなり見られる症状です。
以前はピアニストなどに多かったのですが、キーボードの位置や打ち方が悪いと、かなり悪化させてしまうことが出てきます。

痛みの場所によっても違いがあり、手首あたりに痛みがあるのは、子育てしているお母さんにも見られたりするのです。
指が痛い場合には、バネ指と呼ばれる症状の可能性があります。
曲げようとしても曲がりにくく、いったん力を入れて曲げると開きにくくなってしまったりするのが特徴といえるでしょう。

こうした腱鞘炎の痛みも、館林のたまい接骨院で施術が可能です。
普段から動かしている部分であり、仕事でも使うことでしょう。
痛みが広がらないように、筋肉をほぐしていくこともできますし、状態によってはテーピングで固定することもできます。
痛みが激しくなってしまうと、日常生活にも問題が出てしまうことも考えられるでしょう。
いたいというだけで、精神的にもイライラしてしまうことも出てきます。
そうなると、元に戻すまでに時間がかかりますので、なるべく早い時点で館林のたまい接骨院をお尋ねください。

たまい接骨院700

« «