館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

わき腹痛でお悩みの時でも

院長の日記

痛いのに整形外科では原因がわからず、とりあえず湿布でもといわれることがあります。
意外と原因不明にされることが多いのも、レントゲンで映らないものには、対処の方法を持っていないからです。

その中の一つに脇腹の痛みがあります。
今日錦織選手が左わき腹痛でゲリー・ウェバー・オープンを棄権しましたが、回復までも時間がかかってしまったりすることがあるのです。
いくつか原因が存在し、内臓の問題などでは館林たまい接骨院では対応ができませんが、骨や筋肉が問題の場合、施術で回復させることができます。
テニスだけではなく、ゴルフのスイングで突然痛みが出たり、ふと体を動かしたときに痛むようになったりすることもあります。
このほとんどは、骨折のようなものではないため、レントゲンでは判別がつかないことが多いのです。

肋間神経痛を含め、治らない痛みにお悩みの時には、館林たまい接骨院においでください。
整形外科で判別がつかないようなことでも、筋肉や腱の専門家である接骨院なら回復させることができるケースがあります。
手技と最新機材、鍼灸を駆使することで、湿布をするよりもはっきりと違いを感じることができるようになるのです。

痛みで苦しんでいるだけでは回復は程遠いのですから、まずはご相談ください。

たまい接骨院700

« «