館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

オリンピックでのフランス選手の怪我と疲労の蓄積

院長の日記

スポーツをする限り、怪我ということを切り離すことはできません。
体を限界まで動かすこともあり、どうしても負担をかけることになるからです。
その中で、日本は団体で金をとりましたが、体操のフランスの選手であるサミル・アイ・サイド選手が跳馬で左足を骨折する大けがをしてしまいました。
映像自体を見ていた人も多かったことでしょう。
帳場の着地で失敗したことが大きな原因でしたが、かなりの大けがとなってしまったのです。
こうした怪我が起きるのも競技なのであり、どんなに準備をして臨んでも、起こる可能性は否定することができません。
だからこそ、一般の競技であっても少しでも違和感があったときには、まずは回復させてから協議に臨むぐらいの考えを持つことが重要となってくるでしょう。

館林たまい接骨院では、体操で起こるような怪我も施術することができます。
もちろん、骨折などもその範囲に入るものです。
今回の怪我はまた別として、どうしても日常から骨に疲労を蓄積させてしまうような場合もあります。
そうなると、一発で大きな怪我になることもあるのですから、何かおかしいと感じることがあったのであれば、いったん中断して館林たまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

« «