館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

松坂投手に見る野球における肩の怪我の難しさ

院長の日記

ソフトバンクホークスの松坂投手が3648日ぶりに1軍で登板しました。
結果はいいものではありませんでしたが、野球というスポーツにおいて、肩をケガするということは、プロであっても致命傷となるということがわかる話です。
プロの体制下であっても、こうした結果になってしまうことを考えれば、アマチュアでは日常生活にも影響が出るかもしれない危険性があと考えることができるでしょう。

肩の怪我といっても、実にいろいろなものがあります。
肩の中にある軟骨部分の損傷により、投げるだけで痛みが出ることも珍しくありません。
休ませるだけで痛みが消えることもありますが、それも現状がどうなっているのかを知り、対策をしなければだめだということになるでしょう。

館林たまい接骨院の場合、ソフトボールの選手であったことからも、野球でどのようなダメージが蓄積するのかということも実体験で知っています。
投げたいという気持ちもわかりますし、どうしたら復帰できるのだろうかという悩みも理解することができるのです。
だからこそ、最善の方法で対策をして行きますので、痛みを感じたりした場合には、悪化する前に館林たまい接骨院にご相談ください。
そのままにしておくのが、一番危険なことだと理解しましょう。

たまい接骨院700

« «