館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

回避するのが難しい突き指と予防策

院長の日記

バスケットボールの人気も高まり、これからのシーズン、球技をしようかと思う人も多いことでしょう。
学校などでも球技の時間は増えます。
その中で、突き指をしてしまうことも出てくるはずです。

そもそも突き指とは、指の靭帯に強い力がかかってしまう障害のことで、指を突いて怪我をするというわけではありません。
指を引っ張り伸ばすことが、治すどころか大きな怪我につながるということ常識になってきました。
野球やソフトボールでも起きるのが突き指ですが、ひどい場合には脱臼したり骨折したりしてしまうこともあります。

予防法が重要で、突き指をしやすいスポーツの場合には、しっかりとしたテーピングが重要です。
完全に回避することが不可能なのが突き指ですが、大きな負荷を指に掛けないようにすることができるでしょう。
不意に力がかかるのを回避することで、体も反応できるようになり、怪我の度合いも軽くすることができるのです。

館林たまい接骨院では、テーピングもおこなっています。
スポーツの場合、どうしても休めないようなときもあるでしょう。
そんな時には、テーピングを施し、悪化しないようにすることもできます。
もちろん、休んで回復させるのが一番ですが、館林たまい接骨院なら、全力でサポートしますので、まずはご相談ください。

たまい接骨院700

« «