館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

タイガー・ウッズを苦しめた腰椎椎間板ヘルニアと手術の問題

院長の日記

ゴルフのタイガー・ウッズ選手の元気な姿を久々に見ることができました。
ひざが悪いことはよく知られていましたが、腰はさらに悪く、3度の手術を経てようやくラウンドできる状態になったといえるでしょう。
タイガー・ウッズ選手の腰の怪我は、腰椎椎間板ヘルニアだといわれています。
去年、椎間板の切除をおこなったりしており、ようやく体がついてくるようになったといえるでしょう。
それほど、腰の怪我は重いものであり、手術をするということは、回復に長い時間を要するということになるのです。

手術をすることによって、痛みは治まる可能性があります。
しかし、再生することができない部分だというのが問題なのです。
一時的に痛みがなくなっても、さらに発生するリスクがあります。
ゴルファーとして考えれば、再発すれば選手生命が終わるほどのリスクなのです。
それでも、最終手段として、手術を選んだといえるでしょう。

普段の生活の中でもヘルニアになる可能性はあります。
整形外科では、すぐに手術という言葉を出しますが、再生できない以上、できるだけ保存療法を考えるべきです。
館林たまい接骨院では、こうしたヘルニアの施術も可能であり、保存療法をとりながら手術を回避できる可能性があります。
整形外科で手術といわれ悩んでいる場合でも、一度館林たまい接骨院にご相談ください。
切るだけが回復させる方法ではありません。
これから先もゴルフをしたいという人だけではなく、普段の生活にも支障が出ている人でも、痛みを緩和させて回復させていきましょう。

たまい接骨院700

« «