館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

腱鞘炎の回復のカギは休ませることとほぐすこと

院長の日記

手首の痛みとしてよく知られている腱鞘炎は、パソコンを使っている人に多い症状です。
館林たまい接骨院でも、オフィスワークの多い人に見られますが、実はそれだけではありません。
テニスやバドミントンでも起こすことがあります。
そのほかにもピアノを弾く人やゲーム好きの人で見られることがありますが、共通しているのは、指や手首を良く使うということでしょう。
それも、同じ筋肉ばかり使ってしまうため、痛みが出てくるというものです。
筋肉は凝り固まっていますし、腱鞘も腫れがあっていることが問題といえるでしょう。

実際に整形外科を受診することを考える方も多くいらっしゃいますが、レントゲンでは判明しません。
痛いからといって湿布を張って終わるということもあるでしょう。
ですが、実際には全体的に炎症を起こしていることもあり、しっかりと施術をしていく必要があります。
特に受傷した段階では、冷やしてあげるということも必要です。
さらに、固定して動かさないようにするということも考えていかなければいけないでしょう。
ストレッチなどで、周囲の筋肉をほぐすことも影響するため、館林たまい接骨院で施術を受けてみることが回復のカギとなってくるのです。

たまい接骨院700

« «