館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

改めて考えるむち打ち症の怖さ

院長の日記

交通事故が原因となるむち打ち症

自動車事故の外傷で、怖いもののひとつがむち打ち症でしょう。
館林たまい接骨院でも、多くの症例があります。
交通事故ということから考えると、その原因が見えてきますが、早期に施術を始めていくことが、回復の第一歩になることは間違いありません。
館林たまい接骨院でも、何度も取り上げていますが、今一度怖いものであるという認識をしましょう。
GWにはいるところですので、気のゆるみで事故を起こす可能性も否定はできません。
若葉マークの多い時期でもありますので、仮に接触事故でも起こされたときにも、むち打ち症は、怖いものだと認識してください。

なぜ、再三再四恐怖をあおるのかというと、むち打ち症というものは、レントゲンで判別がつかないことが多く、理由はわからないが傷みがるといった状態になりやすいということです。
整形外科に行ってみても、一向に良くならないのは、原因に対する対処療法しかとる術がないということが大きな理由になってきます。
つまり、痛いという理由で治療はできないのです。
むち打ち症は、事故にあったり、起こしたりしたその場で症状が出るとは限りません。
あとから症状が現れることもよくあるからです。
この場合、大きなダメージになることも少なくないため、早期の施術が必要となります。
事故の場合、人体に対する保障は自賠責保険から行われますが、整形外科で何ともできないとなると、保険もうまく使えなくなってくることも出てくるのです。

ところが、実際には痛みがあり、苦しさが続いていくのは間違いありません。
自然治癒しにくいのもむち打ち症の症状であることから、早期に対処していくことが一番であるということになります。
首というのは、人間の体の中で最も重い部分を支えています。
これがむち打ち症の原因にもなってきますが、とても大事な神経が多数通っているのです。
その部分を痛めてしまうのですから、早期に対処するということがよくわかることでしょう。
吐き気などの辛さが出ることもありますし、とにかくだるいといったことが続きます。
保険を打ち切られてからでは対応しにくくなりますので、とにかく早くスタートを切りましょう。

後方からの追突と人間の頭の重さ

むち打ち症の原因を考えていくと、一番可能性が高いのは、後方からの追突です。
なぜ後方が怖いのかといえば、ぶつかった瞬間がわからないということが挙げられます。
人間が真正面からボールを投げられれば、避けるか捕るか考えるでしょう。
ところが、後ろからぶつけられたらどうでしょうか。
まったく避けられるわけがありません。
当然ですが、見えていないからです。

後方からの追突ということでも同じことで、衝撃に耐える準備ができません。
人間の体は、筋肉を硬直させて守ろうとしますが、それもできない状態になってしまうのです。
つまり、正面からぶつかるよりも、後方からぶつけられた側のほうが、肉体ということではダメージは大きくなりやすいといえるでしょう。

次に問題があるのは、人間の頭の重さです。
衝撃が伝わる速度を考えると、人間の体は前に押されていきます。
当然頭も前に力が働きますが、首があるために後ろ側にのこってしまうのです。
その後、シートベルトやハンドルなどに体がぶつかり、衝撃を受け止めた瞬間に、贈れて頭が前に出てくるというのが、むち打ち症の仕組みと原因といえます。
むちのようにしなるからつけられたのですが、人間の頭は重いため、とても大きな力が首にかかってしまうのです。
当然のことですが、筋肉は傷つき、骨に異常が出ることもあります。
神経への影響もありますし、筋も炒めることになるでしょう。
結果として、体はダメージがなくても、首は大きなダメージを受けることになるのです。
頭部から神経が体に通っていますし、それを支える筋肉もあります。
それだけに、ダメージを受ければ、体のいたるところに影響が出てくるようになるでしょう。

むち打ち症は、非常に怖いため、最近の自動車レースでは、首周りを固めるプロテクターをします。
HANSと呼ばれることもありますが、命を守るためのものであり、ヘルメットと並び重要視されるようになりました。
さらにヘルメットにチェーンなどをつけて、むちのようにしなるのを留める方法もあります。
それほど怖いものであるという認識があり、厳重に守られているのです。
実際に多くのドライバーが、頸椎の怪我で命を落としています。
仮に一命をとりとめたとしても、半身不随になる可能性だってあるのです。
それに比べると、一般車両のドライバーは、いかに守られていないのかがわかるでしょう。
ぶつかってむち打ち症になれば、一生涯をふいにする可能性だってあるのです。
だからこそ、早期に館林たまい接骨院にお越しくださいとお願いしているといえます。

重度のむち打ち症の恐怖

重度のむち打ち症でも完治できますと掲げているところがあります。
実際の問題を考えれば、ものすごく長い時間をかけて改善させていくということで、すべて元通りということまでは、かなり可能性が低いといっていいでしょう。
それでも、痛みを改善し、症状を緩和させ、少しでも日常生活に支障がないようにしていくのが、館林たまい接骨院の役割です。
館林たまい接骨院の場合には、必要に応じて整形外科も紹介し、うまく関係を保って回復を目指していくこともできます。
これはなぜかといえば、重度のむち打ち症というのは、そんなに簡単なものではなく、一生涯の障害にもなるからです。
それもできるだけ早く始めていって、初めて可能性を見いだすことができると考えましょう。

重度のむち打ち症とは、首の痛みがあったり、けだるいといったりする程度ではありません。
神経組織を損傷してしまうほど、強い力が働いた状態を指します。
四肢のマヒなども出る可能性がありますし、脊髄までダメージが及ぶ危険性もあるのです。
こうなると、後遺症も残るような状態であり、体全体に影響が及ぶケースもあります。
むち打ち症と軽く言う人もいますが、死亡するケースさえあるのです。
ここまでのダメージは、軽く完治できるといえるレベルではありません。
後遺症とは、将来完治する見込みがないものを指します。
ですから、完治させることができなくても、少しでも以前の状態を取り戻し、元気な背活ができるようにするのが、接骨院のあり方といえるでしょう。

軽度であれば、そこまで深刻にとらえなくても、早期の施術開始で回復できる可能性は十分にあります。
受傷当初は、自覚症状がないかもしれません。
これも、筋肉が硬直しているためであり、だんだん緊張が解けてくると、ダメージを感じるようになってしまいます。
その前に施術を開始することができれば、辛い思いも軽くすることができます。

むち打ち症ということでは、とにかく時間をおかないということが大切です。
時間を空ければ空けるほど、体にはダメージが蓄積してしまいます。
少しでも対処を早めることができれば、ダメージを軽くできるのは間違いないことでしょう。
館林たまい接骨院では、鍼灸による対応もできますので、さまざまな角度からむち打ち症の対応が可能です。
もちろん、交通事故による自賠責保険も使うことができます。

まずは、むち打ち症は時間を開けないでください。
できるだけ早くお越しいただくことが一番です。
必要があれば整形外科を紹介することもできます。
順番的に整形外科が先ではなく、館林たまい接骨院が先で問題はありません。
スムーズに進むように調整することも可能ですので、とにかくスタートを切りましょう。

たまい接骨院700

« «