館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

だれもが可能性を持っている交通事故とダメージを防ぐシートベルト

院長の日記

大きな問題を引き起こす交通事故

交通事故に遭うということは、驚くほど強い衝撃を体に受けることになります。
こうした衝撃の大きさを理解していない人がいるというのは大きな問題といえるでしょう。
なぜかといえば、車と人がぶつかれば、死んでしまうような力がかかるからです。
この衝撃を首に受けるということも考えれば、むち打ち症の怖さも理解することができるようになります。
そして、自分が交通事故に遭ったときにも、すぐに館林たまい接骨院にいらしてくださいという意味が理解できるようになるでしょう。

衝撃の大きさや問題を知ることができれば、シートベルトをするということの意味も理解できるようになるはずです。
シートベルトをしないで車を走らせるということが、大きな問題を引き起こしてしまうということを理解できることでしょう。

体に驚くほどのダメージをうける交通事故

車が衝突した時の力というものは、衝撃力としてあらわされます。
良くある例としては、時速40kmで走っていた場合ということがあるでしょう。
一般的な速度ですので、理解もしやすい範囲となるはずです。
この速度で静止している壁にぶつかったとします。
この時に受ける衝撃は、約6mから落下した時の衝撃と同じであるということになるのです。
ちょっとわかりにくい数字ですが、だいたいビルの3貝と考えてみるといいでしょう。
この高さから落下した時の衝撃が体にかかります。
この時にかかる力を考えてみるとびっくりするはずです。
体重の30倍以上の力がかかるのですから、これが耐えられるかどうかということを考えてみなければいけません。

自分の体重が60kgとします。
一般男性の体重ぐらいの数字ですが、この体重の30倍ということで考えたら、1800kgですから1.8tの力がかかってしまうということです。
こどもで20kgだったとしても、600kgの衝撃が体にかかるのですから、とんでもない力であることがわかるでしょう。
シートベルトをしていなかった時には、衝撃を止めることができずに、体はフロントガラスなどに向けて飛び出していくことになります。
当然ですが、これで亡くなることがあるのは、簡単にわかることでしょう。
実際に40kmですので、スピードを出していると言い切れる状態ともいえません。
それなのにもかかわらず、ここまでの衝撃がかかってしまうのですから、自己がどれだけ恐ろしいものなのかがわかるはずです。
首にもかかってくることになりますので、むち打ちになってしまうことも簡単に理解できるでしょう。
すぐに館林たまい接骨院で施術を開始するべきなのも、それだけ大きな力がかかってくるということからです。

館林たまい接骨院でも、こうした事態にあっていることがわかるからこそ、早めに回復を目指さなければいけないとアナウンスしてきました。
この衝撃の重さを考えれば、すぐにわかることでしょう。
仮に、大人ではなく、子供が被害に遭ったとしたら、この衝撃の大きさがどれほどの苦痛なのかを創造しなければいけません。

シートベルトはして当然

これだけの衝撃を受けるということは、それを守るためにシートベルトをしなければいけないことがわかるはずです。
シートベルトをしない、させないということは、それだけでも危険にさらすということになるでしょう。
運転する側として、これが正しい選択かどうかはすぐにわかるはずです。
たまい接骨院のある館林でも、車の中で子供たちが自由に動いていることを見ることがありますが、もしも、事故にあったらどうなるのかを考えなければいけません。
シートベルトをさせないという選択をするのであれば、運転はしないということまで考えなければいけないでしょう。

警察から注意されたからシートベルトをするというのは、明らかにおかしな判断です。
自分のみを守り、同乗者の安全を確保するために使われているものであるということを忘れてはいけないでしょう。
館林たまい接骨院では施術もすることができますが、もっと安全を確保しなければいけないことを忘れてはいけません。
運転技術が高いから大丈夫といった人もいますが、運転自体をやめた方がいいでしょう。
人間は万能ではありません。
いつぶつかってしまうのか、未来はだれにもわからないのですから、できるだけの安全確保をするというのは、当然のことといえるでしょう。

むち打ちということを考え直す

交通事故に遭ったとき、遭ってしまったときにむち打ち症になるといわれることがあります。
衝突した時に首に強い力がかかることから起きる症状で、館林たまい接骨院でもすぐに施術を始めることをお勧めしている症状です。

むち打ちの怖いところは、レントゲンでもわからないところにあるでしょう。
外見でわかることもほとんどありません。
客観的な所見ということでもわかりにくいということが、ダメージを広げてしまう原因になります。
受傷した人が痛いということを訴えることによってわかることがほとんどで、だれかに伝わりにくいという性格も持っているといえるでしょう。
そのため、本当に痛いのかといわれてしまうことも出てきます。

実際に交通事故からむち打ちになってしまうと、かなり大きなダメージを受けることも珍しくありません。
頭痛や吐き気が止まらなくなり、めまいや耳鳴りが止まらないということも出てきます。
こうした状態になってしまうと、長くつらい思いをすることになるでしょう。
そうならないようにするためにも、受傷後できるだけ早い段階から施術を始めていかなければいけません。
そのためにも、事故にあったら、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

むち打ちの大きな問題として、事故直後には痛みも状態もよくわからないということが出てきます。
危険なことですが、むち打ちになってしまっていることに気が付かない状況といえるでしょう。
これはなぜ起きるのかといえば、事故直後には筋肉が緊張しているということがポイントになってきます。
人間の体は、衝撃を受けた瞬間に筋肉で耐えようとする本能がありますが、これが痛みを感じさせない原因です。
衝撃に耐えるようにしなければ大きな怪我になるからですが、筋肉が緊張すると傷みがよくわからないということも出てきます。
あとから緩んでくると、強い痛みを感じることになるため、むち打ちだったと気が付くわけですが、初動が遅れてしまうことになってしまうのです。
館林たまい接骨院でも、こうしたケースをよく見かけます。
そうなると、必ず後手を踏むことになるでしょう。
この時間のロスが非常に危険になってくるため、自己にあったらまずは館林たまい接骨院にお越しください。
そこからどこまでダメージを受けたのかを考えればいいだけです。
あとからダメージを受けていたと思っても、その時にはダメージが増えてしまいますので、初動が重要になってきます。

事故はだれにでも降りかかってくる

交通事故にあるということは、不幸なことではありますが、何も珍しいことではありません。
逆に事故を起こしてしまうということも、だれもが可能性を持っているということになるでしょう。
事故の発生の確率を下げるとともに、事故に遭ったときの対処も考えておくことが必要です。
だれもが可能性を持っている以上、シートベルトをしたり、速度を出さないようにしたりするということも考えていくべきでしょう。
ほんの少しの油断が、大事故を招く可能性を高めます。
それが人生において大きな影響を与えることにもつながっていきますので、決して油断をしないようにするとともに、受傷した時には館林たまい接骨院にお越しください。

たまい接骨院700

« «