館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

11月の夕方の暗さは交通事故に要注意

院長の日記

暗闇から飛び出さないといえるのか

10月も終わりを迎え、だんだんと夕闇が深くなってきました。
館林のたまい接骨院のある前は、交通量が多いこともあってかなり明るいこともありますが、脇を見れば飛び出されてもわからないような薄暗い路地も見えるはずです。
運転している人であれば、まず考えなければいけないことですが、この時間に飛び出してこられたら、今の状態でよけることができるかどうかということになるでしょう。

館林のたまい接骨院から、郵便局の本局のほうへ北上するとします。
1本道いで街灯もありますが、小さな道もいくつかあるでしょう。
交差点の影もあります。
この時期で考えたら、そこから飛び出してきたことを考えなければいけません。
自分が青だから、何か飛び出してこないということは言えないはずです。
飛び出しをするときは、他のことに意識を取られているでしょう。
その時に一体なんkm/hで走っていたら安全だといえるのか、自分の運転を振り返ってみなければいけません。
40km/hだから安全といえるのか、危ないと思ったときには徐行することも必要なのは間違いないでしょう。
もう少し、安全運転の大切さということの認識を改めていくことも必要です。

交通事故が発生しやすい時間帯とは

少し視点を変えて考えてみると、交通事故が発生しやすい時間帯があります。
24時間のうち、交通事故が集中しやすい時間を考えてみると、特に気をつけていかなければいけないことがわかるでしょう。
その時間は、朝の7時~8時と夕方の17時~18時です。
全国平均でもわかることであり、さまざまな統計から判断することができますが、この時間は交通事故が極端に増えてしまいます。

朝方の交通事故の理由を見てみると、通勤時間であるということがわかるでしょう。
特に8時のほうが多くなっているのは、間に合わないと思いスピードをあげる、焦ってしまうということもあげられます。
館林のたまい接骨院の前でも多くの自動車を見かけますが、余裕のない運転が事故を招いてしまっていることは間違いありません。
実際に歩行者としての視点で考えても、焦っていることが多くなります。
信号待ちをせずに無視をしてしまうようなことも見られることから、事故は多くなることは間違いありません。
人の数も多いのですから、安全に気をつけるだけではなく、すぐに止まれるような速度で運転することが求められるでしょう。

夕方ということで見てみると、視認性の問題が大きくかかわってくることは間違いありません。
だんだんと暗くなるということは、明るい余韻が残っているということにもなります。
そうなると、どうしても油断が生じることにもなるでしょう。
視認性が落ちていくのにもかかわらず、そのままにしてしまうことによって、自己の発生確率は高くなります。
これは、歩行者側にも言えることですので、危険性がどんどんと高まっていく時間帯です。
館林のたまい接骨院でも、こうした時間に事故にあってしまった、起こしてしまったという方が非常に多いといえます。

夕方という言ことでは、死亡事故の多発時間帯であるということも見逃すことができません。
視認性が悪化するということがどれほど影響するのかは、運転している人がもっとも実感があるはずですが、認識が遅れることでブレーキも遅れます。
当然のことですが、同じ速度で走っていれば、認識できる時に比べて、衝撃は大きなものになってしまうことはだれにでもわかります。

冬場に事故は発生しやすいということも忘れてはいけません。
月別に見ると、12月にかけて驚異的に増加する月であり、10月11月12月と死亡事故も急激に増加します。
冬に向けて増加するのは、道路状況ということではありません。
どうしても暗くなりやすい時期であり、当時を迎えて明るくなってくる2月などでは交通事故の件数減ってきているのが証拠です。
日没時間が早まることによって、たまい接骨院のある館林でも視認性が落ちます。
早めにライトをつけるだけでも、十分に対策となることを考えると、ドライバーの注意というだけでも事故はかなり防げるということになるでしょう。
見えていませんでしたでは済まないことを考えれば、十分に対策をしていかなければいけません。

車の速度の読み違いも起きる

館林のたまい接骨院でも、冬にかけての18時前後は非常に暗くなります。
この時間に路上に出てみるとわかりますが、かなり暗いと感じることでしょう。
その中で、歩行者がいるかどうかわからないことも出てきます。
安全に注意して走行するということは当然のことではありますが、非常に危険な状況であることを考えておかなければいけません。

実際にさまざまな統計がとられていますが、死亡事故につながるような場合には、車から見て右方向より横断してくるケースが多くなっています。
左側は注意していても、右からは来ないと思い込んでいるということが背景にあるでしょう。
こうした思い込みが大きな事故につながりやすくなるのは間違いありません。

歩行者の心理を見てみると、右から渡ってくるということは、歩行者からは反対車線であるということになります。
車は遠く見えることから、安全であるという勘違いを起こすことがあるのも事実です。
距離を正確に読み取ることができれば、まだ安全である可能性は出てきますが、車との速度を間違えれば、事故につながってしまうのは当然といえます。
それも、冬にかけての夕暮れ時間で考えれば、こうした事故が起きるということは、容易に想像がつくでしょう。

事故を起こしたり遭遇した時に

もしも、事故を起こしてしまったり、遭遇してしまった場合には、2次的な事故にならないように車をよけて、人命救助を最優先とすることが重要です。
けが人の確認と救助をすることが重要であり、後続車などによる事故も防がなければなりません。
どういった怪我をしているのかを確認し、救急車を呼ぶことが大切です。
仮に外傷がなくても、あとから出てくることがあります。

次に警察への連絡です。
交通事故の内容と場所を伝えることが重要であり、できれば加害者が通報するということが必要といえます。
自分で事故現場を記録するということも必要です。
メモを取っておくだけでも、今後が変わってきます。

ここで、相手の身元の確認をしましょう。
事故の情報を集めるということにもなりますので、相手の身元と状況を正確に確認しなければいけません。
目撃者も確保してから、保険会社に通知します。

自分自身の怪我にもよりますが、館林のたまい接骨院をはじめ、診断を受けることが重要です。
特に頭部を売った形跡がある場合には、すぐに病院にかかる必要があります。
むち打ちなどであれば、館林のたまい接骨院にご連絡ください。

だいたいの流れとしては、こうしたかたちになってきます。
保険請求もしなくてはならなくなりますので、その場で示談をしたりするのではなく、必ず警察と保険会社を通すことが重要です。
相手の治療費などの問題も出てきますので、しっかりと決めるということを考えなければいけません。
館林のたまい接骨院でも、さまざまな対応が可能ですので、加害者被害者を問わず、怪我をしたときにはご来院ください。
当然ですが、自賠責保険も使用することができますので、被害に遭われた方をご紹介いただくといったかたちも可能です。

たまい接骨院700

« «