館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

暖かくなって出てくる腰痛の原因

院長の日記

暖かくなってぎっくり腰になるケース

暖かくなってきましたが、この時期に館林たまい接骨院でも増えてくるのは腰の痛みです。
実際には、腰痛といってもさまざまな症状があり、一言でまとめられません。
原因もさまざまで、高齢の方でも多くみられます。
暖かいと思っていると、突然寒い日も来るのがこの季節の三寒四温というものですので、体がついてこないような日には十分に注意していかなければいけません。

春になってくると、よく起きてしまうのがぎっくり腰です。
理由はいろいろとありますが、温度差だけが問題ではありません。
暑くても寒くても起きる可能性があるからです。
それでも、気温の変化が出てくると、体は順応しようとしていきますが、ついていけなくなってくると筋肉は硬直して耐えようと考えます。
この時に力が入ってしまえば筋肉にダメージを与え、ぎっくり腰を引き起こしてしまうでしょう。
暖かくなると、どうしても薄着にして活発に動きたくなるのが当然です。
ですが、まだまだ気温は高くありません。
高くなったとしても、風が吹けばすぐに体感気温は下がります。
さらに夜は夏場のように暖かくはなりません。
勘違いが体にダメージを与えることが出てきますので、冷えないようにする必要があるでしょう。
上着も持って歩くべきですし、腰が痛いという兆候があるのであれば、腹巻やコルセットをしてしまうのも重要です。
館林たまい接骨院では、コルセットなども販売しておりますので、おかしいと思ったときにはご要望いただければ、ぴったりのサイズや製品をお探しします。

実際に体を動かすときには、冷えてしまっている状態を意識し、十分に温めてから動き出すといいでしょう。
重いものを持つときも同様で、いきなり持ったりはせず、激しい動きもしないように温めてから行動するだけでも予防になっていきます。

ぎっくり腰になる要因は、実は重いものを持つだけではありませんし、冷えだけでもありません。
睡眠不足だったり、ストレスが溜まっているといったりしたときでも、起こしてしまうことが出てきます。
体に疲労が蓄積するようなときにも起こってしまう場合があるのですから、多くの要因があるでしょう。
あまりに繰り返すような場合には、根本的に問題がある可能性も捨てきれません。
歩き方や座り方といったことがぎっくり腰につながっているときがあります。
猫背になってしまっているのが、引き起こすときもあるため、さまざまな面から見なおしていく必要も出てくるでしょう。
体の疲労という部分では、胃腸や肝臓の疲労を体がかばったことで、腰に負担がかかってくることもあります。
簡単に解決できるような問題ではなく、多くの生活が影響していることがあるのですから、対策を考えていかなければいけません。

ぎっくり腰になったら、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。
これにも理由があり、どうしても対処を間違ってしまうからです。
温めるのがいいと勘違いされますが、実は最初は冷やさなければいけません。
炎症を起こしていますので、熱を取らなければいけないからです。
これを間違って温めてしまうようなことも起きますので、館林たまい接骨院で初期の施術の段階から始めていきましょう。
リハビリもできます。

実は怖い部分を持つ坐骨神経痛

腰の痛さというところでは、坐骨神経痛も忘れてはいけないところでしょう。
腰から足に掛けて通っている神経が圧迫されることが原因ですが、痛みだけではなくしびれも出てきます。
お尻から太ももにかけて裏側に痛みが出るというのが一般的な症状といえるでしょう。
あまりにもひどい痛みが出てくるときには、歩けなくなってしまう場合もあります。
簡単に坐骨神経痛だからといって放置できないのが問題です。

人間にとって、背骨は神経の束が通る重要な部分です。
それでも、動かなければいけないために、背骨が分かれて作られています。
この神経が圧迫されるようなことが起きると、坐骨神経痛のような症状が起きてくるといえるでしょう。
脊柱管狭窄症も原因のひとつで、加齢とともに起こる可能性があります。
あまりにひどくなると、麻酔を打つような方法も出てきてしまいますので、そうならないようにするためにも、痛みがあったらすぐに館林たまい接骨院にお越しください。
マッサージで回復させられる場合がありますし、姿勢を正すようにすることによって、予防もできる部分があります。
筋肉をほぐしてあげれば、ダメージは大幅に減りますので、放置しないことが重要です。

部活の練習で腰を壊すケースがある

腰痛ということでは、若い人でも起きる可能性は十分にあります。
特にこの時期は部活を始めるような時期であり、どうしても頑張りすぎてしまうようなことがあるでしょう。
その中でも、腹筋運動を繰り返して行うことが、腰痛につながる場合があります。
状態お越しのような動作ですが、これはあまりいい練習とは言えません。
バスケなどでもおこなわれる練習ですが、非常に危険な練習と認識されるようになりました。
上体を引き起こすような運動をすると、脊椎が圧迫されることがわかるようになってきたからです。
これを何度も繰り返せば、椎間板ヘルニアになるのは当然でしょう。
力がかかった状態から曲げ伸ばしをするというのは、必ず負担をかけます。
膝を曲げているとかそういったことは関係ないこともわかってきています。
実際に腹筋を鍛える方法としては、腰痛を起こさない方法を考えていかなければいけません。
そういった練習方法も考えられてきており、おこなっていかなければいけないでしょう。

子供たちの腰痛として、成長期にかかるからということも出てきます。
急激に身長が伸びる時期ですので、筋肉がついてこないようなこともあるからです。
こうした時期には、さまざまな筋肉が悲鳴をあげていきます。
動けていたのに、急に下半身が硬くなって柔軟性を失ってしまうということも起きる時期です。
単に腰痛として考えるのではなく、負担を掛けないような状況を作ってあげる必要もあるでしょう。
部活の練習で腰の痛みがひどくなってしまったときには、それ以上無理をしないで館林たまい接骨院にお越しください。
対応策がいろいろとありますし、最新の機材で施術もしていけるようになります。
休ませて回復させることが一番ですし、ダメージを受けた部分をこれ以上広げないようにしなければいけません。
部活を始めたばかりだと、どうしても休みたくないと思うかもしれませんが、これから先のことを考えたら、まずは体を休ませて回復させてから練習を始めるようにしましょう。
練習をするだけが上達する方法ではありませんので、最善の策は何かをよく考えて対応することが大切です。

たまい接骨院700

« «