館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

子供たちを悩ます成長痛

院長の日記

夏休み明けと成長痛

夏休み明けになると、子供たちを悩ませることも出てくるのが成長痛です。
小学生から始まる場合もありますし、高校生で悩む場合もあります。
館林たまい接骨院でも数多くの症例がありますが、ひとつのかたちではありません。
成長痛としてオスグット症候群やシンスプリントなどもありますが、これらもすべて原因がはっきりしていないところが問題です。
痛みを抱えているのにもかかわらず、整形外科にいってみたら、レントゲンで何も映らないからといって帰されることもあるでしょう。
ですが、子供たちは、痛いから痛いといっている現実を見なければいけません。
原因がわからなければ対処しない病院ではなく、痛いという現実を緩和し対処することが求められるでしょう。
館林たまい接骨院は、痛いという事実からスタートしていきます。
どうしていたいのか、触診や問診から原因を突き止めていき、最新の機材で対処するところが違いです。
整形外科などではそのままにされてしまうような状態でも、まずは診察してみて、傷みの現実を少しでも緩和し、改善できるようにしていくため、子供たちの成長痛でも対処可能となっています。

成長とともに痛みを伴うことが多い

痛い現実がある成長痛ですが、多くの人が悩まされたことがあるはずです。
特に男性に多くみられ、第二次性徴期以降で安くなっていきます。
スポーツをしていると出やすいとも言われますが、これも確実ではありません。
成長ホルモンの分泌量と肉体の成長のバランスがついてこれないためとも言われますが、筋肉量との問題もあるため、悲鳴を上げてしまうというのが現実です。
痛みが出る場所は、膝がよく知られています。
オスグット症候群でもお皿の下にある骨の部分が押し出されてしまい、痛みを感じるという仕組みが問題です。
そんなに一気に成長するのかといわれれば、はっきりとしませんといえるものがありません。
成長は個人差があり、その負担がゆっくりと表れていても、子供たちは気が付くことがなく、痛みという現実的な問題でわかることもあります。
実際に膝以外の部分でも表れてくることになりますが、体重を支えることになる膝は傷みがわかりやすいということになってくるでしょう。

第二次性徴期に表れやすいものの、もっと小さな子供たちに表れるケースもあります。
夜泣きを続けるといったことの原因になってくることもあり、子供たちは意味不明の痛みに悩んでいる場合があるのです。
でも説明することがうまくできず、痛みに耐えていることもあるのですから、おかしいと思ったときには、館林たまい接骨院にご相談ください。

基本として成長によって痛みが伴ってくるところが問題です。
この問題を考えれば、未発達な部分に表れやすいことが想像できます。
かかとや足首でも起きますし、すねなどが痛いといった間接外でも出てくることが問題点です。
既存の考えだけではなく、痛みがあるという事実から、対処を考えていかなければいけません。
整形外科では苦手としている原因追及のひとつにもなってくるのですから、レントゲンでも何もないとなったときにも諦めずに、館林のたまい接骨院にご相談ください。

夏休み明けと子供たちのストレス

夏休み明けに起こりやすいところには、いろいろなポイントがあります。
もちろん、他の時期でも表れてくることがありますが、身体が休んでいた時期から、急激に運動をしたりすることにもなるでしょう。
自分の好きなペースでできた夏休みとは異なり、カリキュラムの中で体を動かしていかなければいけません。
夏の間に実は様々な疲れがたまっていたというケースもあります。
これらが成長とぶつかることによって、痛みだしてしまうことがひとつのパターンです。
逆にリラックスしていたことで、成長の痛みが発生してくることもあります。

精神的な部分として、ストレスや不安がたまり、問題になってしまうことも夏休み明けのパターンです。
新学期にはさまざまなことが待っています。
新しい刺激にもなっていきますが、これがストレスになるのは間違いないでしょう。
身体も動かさなければならず、ストレスによって、筋肉も緊張してしまいます。
成長する段階で、筋肉が追従できなくなるのですから痛みが出てくるのが当然です。
こうしたストレスというと、大人は子供たちのわがままだとか、そんなことは社会に出ればいくらでもあるというでしょう。
しかし、子供たちは、子供たちなりにさまざまなストレスを受けています。
これが傷みにつながるのであれば、痛みの原因は取り除いてあげることが一番でしょう。
館林たまい接骨院にご相談いただければ、鍼灸によって筋肉の緊張をとき、痛みを緩和することも可能です。
年齢や状態によってはできない場合もありますが、最新機材での対応は可能ですし、手技によって筋肉の緊張を取っていくことができます。
スポーツが原因になってしまうこともありますが、成長痛とは異なる場合も出てくるのですから、痛みがあるといった時点で館林たまい接骨院にお越しください。

たまい接骨院700

« «