館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

もっと活用していきたいお灸

院長の日記

古くから使われてきたお灸

日本で古くからおこなわれている施術方法として、館林たまい接骨院でも受けられるお灸があります。
熱によって刺激を与える方法ですが、鍼とは違ったかたちで人間が持っている自然治癒力をかきたてていくことが特徴です。
体の悪い部分を改善させるだけではなく、古くから予防にも使われてきました。
刺激をするのはツボになりますが、361カ所もあることはあまり知られていないでしょう。
このツボを刺激して、弱ってしまっている状態を復活させていくのが目的です。
ツボというと、すごくピンポイントと感じますが、実は500円玉ほどの範囲を持っています。
この範囲で刺激できればいいわけですが、人によっても有効な場所が異なり、適切な位置を見極めていかなければいけません。

お灸には、もぐさが用いられてきました。
火をつけてツボを刺激していきますが、実はもぐさの品質によっても熱が変わります。
いろいろとコントロールしながら使われてきましたが、発見されたのは3,000年も前の中国だったといわれているのですから、驚くほどの歴史です。

身体を温め婦人科系の悩みも改善していく

館林のたまい接骨院でも受けられるお灸は、なによりも温めることで血行を活性化させます。
温熱刺激と呼ばれますが、血管や筋肉も刺激しながら、細胞を活性化させることも重要です。
リンパの流れも改善させて、血管の収縮や膨張も調整させていけるため、痛みのある炎症も改善させてくれます。
むくみに悩んでいるときにも良いでしょう。

自然治癒力を活性化させるため、腰痛や目の疲れに使うことが可能です。
ストレスで辛いときにも、不眠で悩んでいるときにも改善を期待できるのは大きなところになってきます。

もぐさの成分が、鎮痛にも有効なのは古くから知られてきました。
消毒や殺菌にも使われてきましたが、皮膚の表面から浸透するため、辛い痛みも和らげられます。
香りをかぐだけでも、自然と落ち着いてくるのですから、大きな意味があるでしょう。

お灸はスポーツをしている人にもぴったりです。
館林たまい接骨院の施術に合わせておこなっていけば、痛みの改善にも使っていくことができます。
さまざまなところに使えるため、改善しにくい悩みを抱えているときにも試してみる価値がある方法です。
婦人科系の悩みがあるときにも使っていけるため、怪我などの痛みとともにうまく活用してみてはいかがでしょうか。
診療費に関することも、まずは館林たまい接骨院にご相談ください、

たまい接骨院700

« «