館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

スノーボードで怪我をしてしまう前に

院長の日記

楽しいウインタースポーツだから

今年は暖冬の予想だったのにもかかわらず、冬の寒さが身に沁みます。
スキー場のオープンも遅れるといわれていた中、各地で雪が降っているのですから、ウインタースポーツが好きな人は心が躍ってしまうでしょう。
たまい接骨院のある館林でも多くの人が楽しみにしており、ゲレンデに足を運ぶ人もたくさんいます。
その反面で、大きな事故も起こりやすいのがゲレンデです。
スノーボードを楽しむ人も多くなり、トリックをおこなう人もたくさんいます。
ところが、何ら準備もなしにおこなっていけば、大きな怪我につながってしまうでしょう。
準備運動などはカッコ悪いと思っていても、自分が大怪我したときには後悔するものです。
それも、骨折など生活にも大きな影響を与えるようになりかねないのですから、しっかりと考えていかなければいけません。

スノーボードの怪我が上半身に多いわけ

スノーボードの怪我は、年々減っていません。
それどころか、多くの事故が目立つようになったのも、一般化して楽しむ人口が増加してきたことが要因といえます。
怪我の割合を見てみると、やはり若い年代に多いのは確かです。
スポーツとしての特性もありますし、横のりというかたちが若者の支持を受けるところも大きいでしょう。
その怪我を見てみると、多くは上半身で起きています。
足が固定されていることを考えれば、下半身に起きやすいように見えますが、実は腕や肩の怪我が大半を占めているのです。
それも、打撲や捻挫だけではなく、骨折が多い状況を考えると、スノーボードの特性が見えてきます。

館林たまい接骨院でもありますが、腕を骨折するような状況は、うまく滑ることができずに転倒した結果である場合が数多くを占めます。
スノーボードで転倒すると、身体を片手で支えようとしがちです。
本来は受け身を取る成り、転倒するときに衝撃を逃がしてあげれば済みますが、片手で抑えて支えようとしてしまいます。
強い衝撃が加わるようになり、腕は耐えることができずに折れてしまうのが一連の流れになるでしょう。

間接が耐えられなくなり、肘で折れてしまうようなことも出てきます。
こうなると、骨折としても大変長引くことになるパターンです。
受傷したら、できるだけ早く館林のたまい接骨院にお越しください。
骨折に対応した機器もあり、できるだけ早く復帰できるように回復をお手伝い可能です。
整形外科などに並ぶのもつらいことですし、館林たまい接骨院は接骨院として骨折なども専門領域になります。
19時まで施術できますので、早めにお越しいただくことが、辛い状態の回復の第一歩になるでしょう。

転ぶ練習と準備運動が守ってくれる

スノーボードなどで骨折しやすい状況が起きるのは、練習不足があげられます。
滑りかただけではなく、転び方も覚えることなく始めることで、大きなダメージを負いやすいのは間違いないからです。
両足が固定されてしまうスノーボードは、どうしても転倒してしまいます。
どんなにうまくても、まったく転ばないことはありません。
トリックひとつをとっても、失敗すれば転倒するからです。
だからこそ、安定した滑りができるようにしていきますが、転んだ時にどうしたらいいのかも考えていきます。
この練習ができていないのにゲレンデに出て滑り始めれば、当然大きな怪我になってしまうでしょう。

準備運動不足も大きな影響を与える要因です。
身体を温める準備運動をして関節も筋肉もしっかりと血液が回り、暖めてから始めていけば転倒したときでも衝撃に耐えられるようになるでしょう。
反応の部分でも準備運動をしなければ、身体がついてきません。
怪我をしたときには、館林たまい接骨院が対応できますが、準備運動をするだけで少しでも回避できるのであれば、大きな違いになってきます。
難しいことではありません。
軽い準備運動からしっかり柔軟体操をおこない、身体が動くようにしてから始めていくのがポイントです。
トリックなどを楽しむのであれば、身体が動くことが重要になる以上、怪我を防止できるように、しっかりとした準備が大切です。

たまい接骨院700

« «