館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テレビでも取り上げられる鍼灸の力

院長の日記

刺す刺激で身体に影響を鍼

IMGP5339

テレビでも盛んに取り上げられるようになった鍼灸ですが、館林のたまい接骨院でも施術できます。
いろいろな可能性も指摘されており、世界中でおこなわれるようになりました。
面白いところでは、ドイツは治療に鍼を取り入れており、さまざまな状態に対して使われています。
アメリカでも臨床実験を繰り返しており、高い可能性を秘めているのは間違いありません。

鍼灸はもともと中国で始まった施術方法です。
これが朝鮮半島を経て日本にわたってきたわけですが、長い歴史の中で日本独自の進化も遂げています。
館林のたまい接骨院でおこなっている方法も、日本の鍼灸です。
中国鍼と呼ばれる方法ではありません。

鍼を使って刺激を与えることで、身体に影響を与えていく方法で、柔軟な医学がバックボーンにあります。
館林のたまい接骨院でも、腰痛などの対策としておこなわれていますが、ひざや肩の痛みなどにも対応できる方法です。
運動器系の疾患に対しておこなわれるのがメインですが、研究はもっと広がり多くの病気に使えないかと柔軟に対応が進められています。

日本でもようやく進んできていますが、統合医療という考え方があります。
さまざまな治療法を取り入れながら、病気や怪我に対応していく考え方です。
欧米では積極的に実践されていますが、日本ではそこまで進んでいません。
患者の利益は何かと考えたときに、館林のたまい接骨院であれば、痛みという現実から取り組んでいきます。
レントゲンで見て問題があるから治療するだけではなく、痛いという現実をどうするのか、統合医療の考え方でいけば、さまざまなアプローチを考えていくのです。
鍼灸を利用するのも、患者の利益ということがとても大きな意味を持ちます。
メンタルのケアも含まれますが、痛みという現実をどう緩和できるのか、鍼灸は大きな意味を持っているのは間違いありません。

痛みがない理由

鍼灸というと、鍼を使うときに痛みがあるのではないかと心配されます。
館林のたまい接骨院でも同じですが、鍼を指すことに変わりはありません。
この刺激を利用するため、痛みがあると思ってしまいますが、ほとんど痛みを感じることはないものを使います。

人間には、痛点と呼ばれる場所があります。
痛みを感じるポイントですが、この痛点を刺激しない太さの針を使うところが重要です。
どうしても注射のイメージがありますが、鍼の太さは0.7~0.9mmほどになります。
ところが、鍼灸の鍼の太さは0.14mm~0.34mmといったサイズが一般的で、刺した時に不斑の抵抗がほとんどなく痛みを感じないのが仕組みです。
先端の形状に関しても、注射針のように切り裂いて薬を注入する必要がありません。
細胞も傷つけないように先端を工夫できるため、館林のたまい接骨院で使用している鍼も痛みを感じませんので、安心してください。

もぐさを使って熱で刺激を与える灸

館林のたまい接骨院では、鍼だけではなく灸もできます。
ツボを刺激するという点では、鍼も灸も同じです。
違いはもぐさに火をつけて、熱によってつぼを刺激するところです。
もぐさの種類や大きさによって熱をコントロールすることができ、あまり熱さを感じないようにできます。
館林のたまい接骨院で使っている灸も熱いと感じる熱量ではありません。
強い火傷するような熱を与えるわけではないため、安心して使えます。

もぐさというと、何か特別なものに感じますが、実は普段見かけるよもぎです。
薬草として使われてきましたが、葉っぱの裏側にある綿毛を集めて使うのがもぐさになります。
珍しいものではなく、普段から見かけるようなものだったことも、普及してきたポイントです。

身体を温めるというのは、いろいろな効果を及ぼします。
痛みを緩和させることにも役立ちますが、熱による刺激を与えることでもっと多くのことに役立つからです。
整形外科などでも改善できない痛みを抱えているときなどは、まずは館林のたまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

«