館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

運動不足から引き起こされる腰痛と対策

院長の日記

自粛期間から変わる働き方

コロナウイルスによる自粛あけは、たまい接骨院ある館林でも徐々に進んでいます。
それでも在宅勤務ができるようなシステムを構築したところは、継続しているところも少なくありません。
コロナウイルスの第二波も予測される中、働き方もかなり変化してきたと言っていいでしょう。

その中で、体を動かす機会が極端に減ってしまった問題を見逃してはいけません。
外出自粛要請がかかる中、家の中で過ごしていると同じ姿勢をとり続けるという問題が出てきます。
本来であれば車や電車で移動して、歩きながらでも会社に出社しているはずです。
様々な状況の中で体を動かしていきますが、テレワークなどになると極端に機会が減少してしまっています。

全く体を動かさない状況の中で同じ姿勢を取りながらパソコンの前にいたりすると、急激に腰痛を起こしたりするケースが出てくるのです。
館林たまい接骨院でも対応をしていますが、働き方も変わってきた現在では、十分に注意しなければいけない状態と言えるようになりました。

筋肉性の腰痛を考える

腰痛が起こることの原因の一つとして、筋肉性腰痛が挙げられます。
単純に言えば筋肉痛ですが、同じ姿勢を取り続けたことによって、筋肉が緊張し続けてしまい、疲労を抱え限界を超えた状態です。
筋肉に炎症が発生している状態ですが、休ませれば回復する可能性が出てきます。
それ以上続けてしまうと、 炎症の範囲も広がりますし、ダメージも大きくなりさらにひどい痛みを発する可能性が出てくるのです。

わかりやすい痛みとなり、ピンポイントで見つけられるのも特徴ではありますが、テレワークになると休めない状況も生まれてきます。
パソコンの前で座り続けたから腰が痛いと言えるほど、仕事も甘くないのが当然です。
定期的に体を動かして、筋肉の疲労を抜いてあげる必要がありますが、気がつかずに過ごしている人も多いでしょう。
ストレッチをするだけでも疲労物質を流してあげられるため、かなりの違いが出てきます。
もしも、痛みが強く出てきてしまった時には、できるだけ早く館林たまい接骨院にお越しください。
適切な施術を早めに行えば、ダメージも抑えられます。
時間が経てば経つほど辛い思いが募ってきますので、早めに対処していきましょう。

腰痛予防には運動が重要

腰痛という問題は、今後の社会的な問題として抱えていかなければいけなくなります。
運動不足が大きな引き金となりますが、スポーツジムなどにも行きにくいといった状況もあるでしょう。
最近では、インターネットを使ったオンラインでの指導を行っているところもあります。
YouTubeなどにトレーニングの動画が上がっているところもありますのでうまく活用するといいでしょう。

このような腰痛を予防するためには、運動療法が効果的なことは多くの論文からも読み取って行けます。
特に体幹筋力の強化が重要で、在宅で仕事をしている間に知らず知らずのうちに衰えを見せてしまっているからです。

腰痛の多くは、原因がはっきりしない非特異的腰痛として分類されています。
筋肉の疲労などもはっきりと見て取れるわけではなく、原因がわからないことがほとんどなのです。
痛いという事実には変わりがないのですから、予防策も重要ですし早めに館林たまい接骨院にお越し頂きたいそうするという方法も取って来ましょう。

たまい接骨院700

«