館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

鍼灸の対応もできる!梅雨時期の膝の痛み

院長の日記

梅雨時期に傷みだすひざなどの悩み

b6244159889d29c7a73a2cf7b747048d_s

今のような梅雨時期になると、どうしても膝の古傷が痛み出す人が多くなります。
館林たまい接骨院でもよくありますが、これは天気の変化がか影響している可能性があるのです。
梅雨時期だけではありませんが、注意が必要になるのが気象病と呼ばれる現象にあります。
特に低気圧の影響を受けやすい梅雨時期には、かなり影響が出てくるのです。

ひざの痛みなどを振り返ってみると、天気が悪い日ではないでしょうか?
気温が下がるような日に、何か体調がおかしいと感じるケースがあるはずです。
天気が回復すると、何もなかったと思うほど回復していきます。
これが気象病の特徴なのです。

気象病のメカニズム

気象病は気圧の変化と関係があります。
低気圧が来た時など、体が順応しようとするのは、当然の働きでしょう。
血圧や心拍数を変化させ、気圧の変化に合わせていくのです。
交感神経の働きが関係しますが活発化させて血圧や心拍数を上昇させます。
血管の収縮なども起こるようになり、アドレナリンの分泌も盛んとなるのです。

問題はこのアドレナリンにあります。
痛みを感じやすい状態ともなり、反応が増していくのが問題です。
気圧の変化が緩やかや長く続くようであれば、この反応もあまり見られません。
しかし、今年の梅雨のように変化が激しい状態となると、痛みの感じ方も激しくなるといえるでしょう。

同じような原因として気温の変化もあげられます。
血圧や心拍数も変化する原因となるので、交感神経の刺激から、傷みだす可能性があるからです。

問題は痛みが出てくると予想される場所をそのままにしてあることであり、できるだけ早く施術して回復させれば心配はいらなくなります。
館林たまい接骨院では、さまざまな対処方法を取り揃えていますので、早い段階で改善させてしまいましょう。

鍼灸での対処もできる

201119-024-IMG_0047

予防策として、館林のたまい接骨院出の施術の中に、鍼灸での対処方法もあります。
鍼灸では、ハリやお灸の力で痛みの改善を目指せるため、気象病にも対応できる方法です。
根本的な部分からの改善も目指せるため、毎年この時期に痛みを感じる人は、改善を考えてみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスの問題により、いろいろと心配な部分があるかもしれませんが、館林たまい接骨院では、さまざまな対処も行っています。
空気清浄機なども導入し、できる限りの安全対策を取っておりますので、悩みは早く解決できるようにしていきましょう。

たまい接骨院700

«