館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

インピンジメントはテニスでも起きる重要な怪我

テニスの怪我の参考に

【テニスにおけるインピンジメントとは】
テニスにとって、フットワークが重要ですが、しっかりとした球を打ち返すことも必要です。
フットワークが打つまでの準備であるのであれば、打ち返すということは一連の動作の仕上げといってもいいでしょう。
そのためには、肩から手まですべての関節や筋肉を使い、回転をラケットに伝えて打ち返さなければいけません。

インピンジメントとは、その大事な肩に起こる慢性的な障害や外傷のことを指しています。
軽傷の場合でも、肩に違和感があれば、プレーの精度は落ちていってしまいますので、館林市本町たまい接骨院で施術を進めていくことには大きな意味があるのです。

 

【野球のピッチャーに多く見られる怪我】
インピンジメントという言葉は、テニスプレーヤーでもあまり聞いたことがないかもしれません。
ですが、肩関節を使う競技であるテニスにとって、重要な意味を持つ怪我となってきているのです。

インピンジメントには、衝突や激突という意味があります。
肩の関節の中で、骨同士が動いているときに、ぶつかったりすることで炎症を起こしていくのです。
野球のピッチャーにはよく見られる症状ですが、テニスの場合にもインピンジメントはよく起こります。
それだけ肩関節を酷使しているスポーツだからなのです。
館林市本町たまい接骨院では、肩関節周辺の筋肉もケアしながら施術を進めていきますので、症状を緩和することができます。

 

【テニスを長く続けていきたいのなら】
インピンジメントの場合、いきなり発症するようなものではありません。
テニスを続けているうちに、だんだんと症状が進み痛み出していきます。
そのため、何か異常を感じたときには、プレーを休んだり量を減らしたりすることが、一番の対策であるといえるでしょう。
そのうえで、館林市本町たまい接骨院などで施術を受け、悪化しないような措置を考えるべきです。

インピンジメントを回復させるためには、長い時間をかけていかなければいけません。
館林市本町たまい接骨院では、施術を通して、予防方法なども指導することができます。
瞬間的に回復することはありませんので、今後のことも考え、ラケットの扱い方からスイングに至るまで考え直してみることが大切なのです。

重度のインピンジメントの場合、手術をしなければいけないことも出てきますので、長くテニスを楽しみたいと思うのであれば、早め早めの処置が大切になります。

たまい接骨院700

« «