館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テニスレッグとも呼ばれる肉離れの原因とは

テニスの怪我の参考に

【テニスレッグとはなにか】
テニスレッグという言葉があります。
テニスをしている人であれば、一度ぐらいは聞いたことがあるでしょう。
非常に頻発する怪我で、こういった俗称までつけられるようになりました。
正確には、下腿三筋内側頭挫傷といい、ふくらはぎの肉離れのことを指しています。
ストップ&ゴーを多用していくテニスにとって、切り離すことができない怪我なのです。
かなりの痛みを伴いますし、テニスをするどころではなくなっていきますので、ちょっとでも違和感を覚えたときには、館林市本町たまい接骨院にいらしてください。

 

【肉離れを起こしてしまう原因は】
肉離れは、収集させた筋肉を急激に伸ばした時に起きます。
つまり、力をかけて踏み出した瞬間に、筋肉の一部が断裂したり破損したりする症状のことを指しているのです。
テニスでは、ストップ&ゴーを繰り返しますので、踏み出した瞬間に力を失うように肉離れを起こしてしまうことがあります。
非常に強い痛みを伴い、筋肉を傷めたときに音が聞こえるとも言われるほど、体には強い衝撃が走るのです。
そのまま放置することはほとんどないはずですので、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院へご来院ください。

肉離れを起こしてしまった時の処置ですが、一番重要なことは安静にすることです。
そのうえで、アイシングして、できることならば固定して置くと、悪化を防ぐことができます。
応急処置をしたままでも館林市本町たまい接骨院に来ていただければ、あとの処置を行うことも可能です。

 

【早期にテニスを始めたいのであれば】
肉離れは、見た目でもわかることがあります。
筋肉が明らかにへこんで見えるような状態になってしまっていると、かなり重症であるといえるでしょう。
ふくらはぎの内側を見ると、腫れがみられるようになり、押すと激痛が走るようになっているのです。
このような状態であれば、すぐにでも重傷であるということがわかるでしょう。

しかし、肉離れは見た目にわからない状態でも、深層の部分を損傷していることがあるのです。
内出血が激しくなっていることも出てきますので、見た目だけではなく、痛みがある場合には、安静にして冷やすことが大切なのです。

テニスでの肉離れは、回復するまで長い時間がかかります。
館林市本町たまい接骨院で施術を続けていても、かなり長い時間を要してしまうのです。
状態を悪化させてしまう前に、施術を開始することが、テニスを続けるためにも重要となります。

たまい接骨院700

« «